ダンカンカスタムの話を書いたついでに、ちょっとエディのギターの話など。

 エディの昔のギター(もしかして最近のも?)はピックアップがボディに直付けされているのは有名な話。その理由も「ボディの鳴りをピックアップに拾わせるため」とエディが話していたのも有名な話。

 「エディがそういうのだからホントだろう」と思って真似をされた方も世の中にはたくさんおられたと思いますし、実際にそう信じた人もたくさん居たでしょう。そういえば、思い出しました、私のフロイドローズが付いているギターのネックは別のギターに付いていたのですが、そのギターには確か直付けされたハムバッカーが付いていました。

 なんか変なハウリングがしやすい音でしたねぇ、そういえば。あぁ、話を元に戻しますと、でもいくらエディがそういっているからと言っても、前から何度も書いていますように、どうやろうとピックアップはボディの鳴りは拾えないんですね。その構造が拾えないようになっているのですから、どうしようもないのです。

 確かにね、めちゃくちゃ大きな音で、しかも歪ませた状態にしておいて、ピックアップの前で「アーッ」と大声を出せばアンプから聞こえますよ。でもアンプから聞こえてくる声は弦の音と比較すると話にならないほど小さな音です。で、ボディの鳴りと大声とどちらが音量は大きいと思います?そりゃ声に決まってますよ。だからボディの鳴りなんて声以下のレベルでしか拾ってないはずなんです。

 声をピックアップが拾う理由を私なりに考えてみますと、そりゃ何度も書いていますようにエレキギターのピックアップは基本的に磁界を乱す振動が無い限り音を電気信号に変換できないのですが、大声を発した場合にはポールピースがボビンの内側でかすかに動いて電気信号をかすかに発生させる可能性もあるでしょう。だから100%弦の音以外を拾わないとは言えませんが、でも弦の音と比べると話にならないほど小さい音なんですね。

 で、ボディに直付けにされた場合にも、確かにボディの振動の影響をピックアップは受けることもあるでしょう。でもそれはびっくりするくらい小さな音のはずです。ちなみにちょうどフロイドローズ付きのギターが現在分解中だったのでテストしてみました。

 通常のように弦の近くにポールピースがきたときに音がきちんと鳴ることを確認し、弦の振動の影響を直接受けない場所にピックアップをボディに接触させ音を拾うかどうかやってみます。結論から言えば、ほとんど、というか全くピックアップはボディの振動を拾いません。歪んだサウンドで試しましたので、かなり小さな音も拾うはずですが何の音も聞こえません。

 で、この実験をしているときに面白いことに気がつきました。それは確かにボディのサウンドをピックアップは拾わないのですが、ハムバッカーの足の部分は金属であるため、この足の部分を手ではじいたり撫でたりすると音を拾います。きっとこの足の部分が振動してポールピースの磁界を動かすからでしょうね。

 そのために多くの人、きっとエディもですが、は足の部分からボディのサウンドを拾うと思ったのでしょうね。でも実験の結論から見ればピックアップの足から音は拾いません。もちろんピックアップのエスカッションを叩くように強烈な振動をピックアップの足に対して行えばその振動は拾います。だからボディにピックアップを直付けにした場合、ボディを「コンコン」と叩けばその音は拾うかも知れません(実はそれを実験しましたが、実験では音を拾いませんでした)

 長くなったので続きます。

関連記事
ピックアップ