ダンカン・カスタム

2010/05/13 Thu 23:19

 あー、そうそう、私が持っているストラトは2本で、一つはギブソンのTバッカー、そしてもう一つにはダンカン・カスタムが取り付けられているのは以前にも書いた内容です。でも何でダンカン・カスタムだったのか、自分でもちょっと理由を忘れていました。

 本来私の好みであればダンカン59(SH-1)を付けるのが当然だったはずなのに、何でだろう・・。と思い出していると、そうそう、実は20数年ほど前に本か何かで「ダンカン・カスタムはエディのためのピックアップ」という話を読んだからなんですね。だからカスタムを買ったんです。

 最近この話をもう一度調べてみると、どうも本当はダンカンカスタムのマグネットを替えたダンカン・カスタムカスタムがエディモデルだったようですね。といっても私がカスタムを買った当時は多分まだカスタムカスタムは売られてなかったような気がするので(真偽不明)カスタムを買ってしまったのは仕方ないといえば仕方ないのです。

 でもカスタムってタップスイッチなどが付けられるように4芯ですからね。そこからしてエディモデルであるのはおかしいのですが、でも確かにこれとマーシャルをつないで鳴らすと結構それっぽい音になるんですよね。しかも今のカスタムにはTバッカーのマグネットが付いていますから正に偶然の「カスタム・カスタム(本当はカスタム5)」仕様(笑)。

 カスタムは本当にパワーがあります。マーシャルなどの真空管アンプにつないでナチュラルに歪ませるのであればとても使いやすいピックアップです。サスティンも十分だし、何よりもハーモニックスが綺麗に出ます。なのでエディのようにタッピングハーモニックスを使うのであればカスタムは向いています。

 左手のポジションから3フレット右を叩いてハーモニックスを出す場合、結構アンプから綺麗に音が出ないことがありますが、フロイドローズ+ダンカンカスタムならはっきりと綺麗にハーモニックスが出ます。こういうプレイをするときなどに強く感じるのですが、やっぱりエレキギターってピックアップとアンプで出てくるサウンドが決まっちゃうんですね。歪み系のエフェクターを使っちゃうとそのあたりはかなり曖昧になっちゃいますが、でも元々の弦の音を拾うのがピックアップなのですから、元音の質の違いはやっぱり影響あります。

 まあそんなこんなで、エディモデルって聞いていたからダンカンカスタムだったんですよね。そうです、そうです。忘れてました。

関連記事
ピックアップ