えー、塗装の方ですが、その11の2日後に軽く表面にペーパーをかけてから塗装を行いました。ペーパー(800番→1000番)をかけたおかげでかなりラッカーもデカールの上に乗るようになり、塗装面もつややかに安定してきました。

 やはり重ね塗りをするときは塗装をおこなうたびにペーパー掛けをするのが有効ですね。以前にシェラックでフレンチポリッシュをしたことがありましたが、その時も上塗りをした後では必ずペーパー掛けをしてさらに重ね塗りをするのがミソでした。

 「せっかく重ね塗りして厚くなった塗装をペーパー掛けして削ってしまうなんて」と感じると思うのですが、実は塗装するたびにペーパー掛けを行うと塗装面を平坦に均すこともさることながら、ペーパーによって塗装面に細かい筋目が付くので、塗料をそこに上塗りすると表面張力か何かの関係で塗料が筋目に入り込んでより滑らかに塗ることができるらしいのです。

 ペーパー掛けをしない重ね塗りと比べるとその仕上がりの美しさは一目瞭然です。漆やシェラックなどの伝統的な塗装でも同じ仕上げをしていきますので、美しく仕上げるのにはこの方法が最も理にかなっているのでしょう。

 さてここ2日ほどは雨が降っていますので塗装は行っていません。で、明日は良い天気のようですので、明日の上塗りのために今日はペーパー掛けを行いました。デカール部分もラッカーがしっかりと乗っていたおかげで前回よりもペーパー掛けが綺麗にできました。

 ペーパーでデカールの文字を削ってしまうことが一番怖いことですが、ブロックにペーパー(600番)を巻いて慎重に軽ーく均します。その後1000番でもう一度表面を軽ーく綺麗に均します。当初デカールにはフィルムの細かい凹凸があったのですが、今回ペーパー掛けをしたことでデカール部分の表面も完全にスムースになりました。

 今回のペーパー掛けでだいぶデカールとそのほかの部分の段差も減ってきました。この感じだと明日2-3回上塗りするとかなり完成に近づきそうな感じです。どうやらヘッドのラッカー塗装もあと2-3回で終わりそうな感じがしてきました。

 それが終わればいよいよ最終のペーパー→コンパウンド磨きとなります。うーん完成が楽しみになってきました。

関連記事
フェンダー化計画