頼んでいましたランドグラフクローンペダルが手元に届きましたので早速ボードに入れて使ってみました。

P_20180304_004312.jpg
この写真の真ん中にある銀色のペダルがクローンペダルですね。オークションで売っていて、本物に似てそうな感じだったので買いましまた。

マクソンのRTO700と比べますと、単体での歪みはRTO700のほうがイイですね。よく歪むし音も太いし。ただ、アンプをドライブするオーバードライブペダルとして使った場合には多少印象が変わってきます。

で、ランドグラフクローンですが、ランドグラフと直接比べてどうか?という評価はいまの私にはできません。もう手元にはランドグラフのペダルはありませんので。でも、とてもいい感じです。ランドグラフがRTO700より優れているところはなにかといえば、それはハイフレットにおけるアタック音の良さです。

つまりソロを弾いている時のアタック音がすごくいいんです。RTO700はコンプレッションが強いので、ハイフレットで弾いた時のアタック音がちょっと潰れてしまうんです。それがチューブアンプをドライブした音に似ていると言えばそうなのですが、個人的にはもっとアタック音がしっかり鳴ってくれるサウンドのほうが好きなのです。

そういう意味ではこのペダルもしっかりとランドグラフのサウンド、というか、TS系のサウンドが鳴りますね。私が持っていたランドグラフとは少しトーンが違うような気がしないでもありませんが、今となっては検証のしようもなく(笑)、このサウンドを気に入っていますね。ランドグラフを手放すのをもう少し待てばよかったですね(笑)。

ランドグラフと異なる点は、ドライブツマミの効き方が大きく違う点ですかね。ランドグラフは割とマイルドに効き始める設定なので、10時位までツマミを上げてもオーバードライブとして使えるのですが、このペダルは7時から8時くらいでかなりしっかりと歪みます。10時まで上げたりすると歪みすぎて不快なノイズが多くなっちゃいます。

でも8時位に様子を見ながら設定しプリアンプをドライブさせると、私の大好きなヴァン・ヘイレン2アルバムのエディようなサウンドを鳴らしてくれますのでとても気持ち良いです。まあなだらかにドライブの大きさが可変してくれる方が扱いやすいとは思うのですが、それはこのペダルのクセだと思うしかないですね(笑)。

でも総じて良いサウンドがするペダルだと思います。ランドグラフというよりは、どちらかと言えばTSペダル、というサウンドに近い気がしますね。私が持っていたランドグラフのほうが、単体で歪みを作ってももっと太い音がしていた気がしますが、このペダルはマイルドで、よりトーンがミッドを強調しているような気がします。

とはいえ、私としてはとても気に入っています。また本物ではあまり好きじゃなかったマーシャルモードやダンブルモードも割といい音がします。ペダル単体で歪を作るのであれば、TSモードよりもこれら二つのモードのサウンドのほうがいいかもしれないです。ただ、ハードロック系のサウンドでソロの音を太く鳴らすにはTSモードのほうがやはり太いサウンドがしますね。なのでバンドの中ではやっぱりTSモードオンリーになりそうな気がします。

まあ、そんな感じでランドグラフクローンペダルのレビューなどを。とても良いサウンドがするペダルだと思います。もちろんバンドの中で大きな音で鳴らさなければその真価はわからないのですが、家で弾いている限りではまあまあランドグラフとそんなに変わらないトーンが出ているのではないかと思っています。

そう考えてみますと、やっぱり本物は経験しておかないといけませんね。本物がわかっているからこそクローンペダルとの違いや似ているところもわかりますけど、本物を使ったことがなければその違いもまったくわかりませんものね。そういう意味でも、どんなつまらないものでも、やはり本物を体験する意味というのはあるんじゃないかと思います。

関連記事
ギターエフェクター