メインのシンクロ号がただいま改造作業中のトラブルに見舞われて数週間ほど使えない状況なので、もっぱらフロイド号ばかり弾いています。そのフロイド号も、ドリルスタンドがきたので、本日このあと30年以上使った木ねじタイプのスタッドからアンカータイプのスタッドに交換作業をする予定です。シンクロ号のような大失敗をしないことを願いつつ作業を行います・・・(笑)。

P_20170504_130901.jpg
で、フロイド号を弾いている感想ですが、やっぱりフロイドローズってサステインがスゴいですね。普通のシンクロ付きストラトと比べると冗談かと思うくらい音が伸びます。これはやっぱりブリッジのサドルがガチガチにユニットに固定されて弦の振動ロスがなく、さらにはサドルで弦がロックされることによって弦の振動がナットからサドル以外のどこにも逃げていかないからなんでしょうね。

久しぶりにフロイド号を弾くと、この弦の音の太さと驚異的なサステインには改めて驚かされます。これを扱いにくいと感じるか、それとも大は小を兼ねると考えて上手く扱おうとするか、によってフロイドローズの好き嫌いは分かれるのだろうと思います。

私も弦のトーンがブライト過ぎるところは少し気になるところですが、基本的にはこのパワフルな弦のサウンドは好きなほうです。ストラトなのにレスポール以上に伸びがあって太いサウンドがしますからね。これはこれで上手く使えば面白いと思います。

で、今このギターにはフロント・リア共にダンカンの59モデルが付いています。シンクロ号のほうはリアピックアップをコロコロと気分で交換することがありますが、フロイド号に関してはもう59モデルで十分だと思っています。59で十分過ぎるほど太くパワフルな音が出ますし、もちろんサスティンも十分過ぎるほどあります。トーンも59ならではのセクシーなトーンがしっかりと鳴ります。

正直言って、これ以上パワフルなピックアップを載せる必要性すら感じないです。59ですらここまでパワフルで太い音がするのに、この上パワーのあるピックアップなんてつけたら、もう訳わかんないようなサウンドになっちゃいますからね(笑)。

なのでフロイド号には59以外のピックアップを付ける必要性を今は全く感じないですね。もちろん私のことですからいつまた気が変わるかは保証の限りはないですが(笑)、でも現状では59以外のピックアップを探そうという気すらないです。ギターのせいか、フロイドのせいかわかりませんが、ローからハイまではっきりクッキリとした弦の音が鳴るし、パワーのない59との相性がものすごくよいと思います。

シンクロ号のほうが弾いている感触が好きなのですが、サウンド的にはフロイド号のほうが何かと扱いやすいです。シンクロのほうは本当にオーソドックスなシンクロ付きストラトのサウンドがしますが、フロイド号のほうはやっぱりフロイドのサウンドがものすごく強いです。フロイドのサウンドが好きか嫌いかは、もう人それぞれですし、私自身もそのときの気分によりますが、過剰に歪ませたりしなければフロイドもそれなりに使えるサウンドではないかと思っています。

関連記事
ピックアップ