FC2ブログ


今まで仮付けしていた新しいゴトーの2点留めシンクロユニットですが、ドリルスタンドが届いたこともあってスタッドを取り付ける工作を行うことにしました。

drillstand.jpg
このドリルスタンドを試しに使ってみましたが、とても満足いく製品です。軸がぶれることもありませんし、狙い通の位置にきっちりと垂直の穴を開けることができます。もっと前からこれを持っていれば今までのギター改造もずっと効率よく、簡単で正確にできたのに・・(笑)。

さて、まずは元あった1弦と6弦部分の取り付け穴を6ミリの丸棒で埋めます。そのための穴を早速このドリルスタンドを使って開け、丸棒を接着剤をつけて差し込み、その後ノミで仕上げてキレイな平坦にします。

P_20180206_231246.jpg

次にスタッドを開ける穴の部分を正確に印をして、そこにキリで目立てをします。

P_20180206_232234.jpg

P_20180206_232343.jpg

その後ドリルスタンドを使ってスタッド用の9.5ミリの穴を開けます。

P_20180206_233428.jpg

その後スタッドをハンマーを使って打ち込みます。ところが、1弦側・6弦側のスタッド共にボディ表面と面一になるところまで差し込めません・・!どうも開けた穴の深さが2ミリほど足りなかった模様・・。きっちりと計ってストッパーを使って十分な深さの穴を開けたつもりだったのに。

と言うことでいったんスタッドを抜いて穴をもう少し深くしないことにはトレモロのベタ付けはできませんので今日は作業を諦めることにしました。その代わりせっかくなのでその状態のままで弦を張ってギターを弾いてみることにしました。

私自身はフローティングにさせたトレモロユニットを使うことはないのですが、近年の有名ギタリスト・スタジオミュージシャンたちはみんな2点留めのシンクロをフローティングさせて演奏していますので、私もそれを一度くらい体感したいなと思ったわけです(笑)。

スムースで安定したフローティングならではの感じは確かに魅力的ですね。アームをユニットに固定したような状態にしておけばまさに有名ギタリストたちのプレイが再現できますね。なめらかなビブラートをかけると気持ちいいですし、クリケット奏法もできますしね。そして意外にもサステインは気になるほど短くならないですね。

ただ、やはり私としてはベタ付けを基本にしていきたいので、スタッドを抜いて穴を少し深くしてベタ付け可能に調整しようと思います。

・・・しかし、翌日アンカーを抜く作業をしている過程で、それまで順調にスタッドを取り付けていたのもつかの間、私は大変な地獄を見ることになるのです・・・(笑)。

続きは後日ご報告します・・。もー大変だったんだから(笑)。

関連記事
エレキギター