FC2ブログ


先般のライブを行ったときの録音などを聞いていますと、ギターのリアサウンドに少し不満を感じるようになってきました。その時リアにつけていたピックアップはダンカンのカスタムカスタムですが、確かにコードを鳴らしたときにはすごく迫力あるサウンドになるし、ソロのトーンも太いのですが、やはり基本的に単調。特にソロの時のトーンはピッキングのニュアンスが伝わりにくく、どうしても平板な印象になってしまいます。

sd_sh1bncove.jpg
また、トーンもちょっと癖があって、少しミッドに寄った印象があります。決して悪くはないんですが、ベストではない、全体的にそんな感じのサウンドなんですよね。で、「やっぱりここは59をつけるしかないか」という気持ちがふつふつと湧いてきたわけです。

そういうわけで、早速にダンカンの59に交換をしてしまいました。そうやって鳴らしてみますと、やっぱりこっちのほうがしっくりきますね。癖のないフラットなトーン、そしてピッキングニュアンスとバイト感が豊かなところ、そしてきらびやかなハイエンド。うん、やっぱりこれがベストなサウンドですよ。

前回取り付けた時に感じたフロントとの音量差も今回はあまり気にならないです。フロントとの音量差が気になるところが59をリアから外した最大の理由だったのですが、そこがそれほど気にならなければ59をリアに付けない理由がありません。

やっぱり59がリアピックアップとしてはベストですね、改めてそう思いますね。もちろんビンテージサウンド風ピックアップとしてはほかにもい音がする製品はあると思いますよ。けれども、私が出したいトーンをイメージ通りに出してくれるのは59だし、お値段もめちゃくちゃ安いし、これで問題ないのならこれでいっておきゃいいと思うんですよね。

でもまたしばらく使っていると気が変わって違うピックアップを使っているかもしれません(笑)。でも、ベストなサウンドの「基準」は59なんです。ほかのピックアップの評価は「59と比べてどうか?」というポイントで下されるだけで、あくまで私にとっての基準は59なんです。

これについては初めて59を使った時から変わらないですね。59を使えば私の目指しているサウンドである、エディ・ヴァン・ヘイレンの2枚目のアルバムのトーンや、アマチュア~フロイドローズを使い始めるまでの彼のライブのトーンが簡単に出せるんです。この感じが出せるんならこれでいいじゃん、って感じになっちゃうんですよね。

なので59よりちょっとパワフルなトーンを出したい、とか59より音量が欲しい、とか59より少しトーンをミッドローに移動させたい、とかそういう気がしてきたときにほかのピックアップを使っているわけで、またしばらくしてそのピックアップに不満が出てくると59に戻しちゃうわけです。そしてまたしばらくして59以外のトーンを試したいな、と感じるとまた別のピックアップを使う、でももし不満を感じるところが出てくると59に戻す・・、を私の場合は繰り返しているだけなんです(笑)。

結局59よりもいい音がするピックアップがないからいつも59に戻ってくるわけなんですよね。いや、本当に59って扱いやすくていいピックアップだと思いますよ、私はイチ押しです。パワーも強すぎないのでトーンづくりが何かと簡単だし、レンジもフラットな感じで広いし、様々なピッキングニュアンスを本当によく表現してくれるし、エフェクターやアンプとの相性もいいし、それにもかかわらず価格も安い。こんないいピックアップは今のところ見つからないですね。

言ってみれば、美人でかわいくて性格も良い最高の彼女・嫁さんのようなものですね(笑)。これ以上のものはないんです。でも、それでもふと浮気をしたくなってしまうのが男という生き物のダメなところ。なぜかこの最高の女性以外の女性に気を惹かれてしまうのですが、しばらくすると結局嫁さん・彼女に気持ちは戻ってくるわけです。だってなんだかんだいって「最高」だから(笑)。

なんか例えが分かったようなわからないような表現になりましたが(笑)、まあそういことです。よーするに59が私にとってはベストなんです。本当にいいピックアップで、もっとも信頼しているし、大好きですね。中には、作られた時期によって音が違う、という方もおられますし、私自身現在でも80年代~90年代ごろのオールドもの、最新のもの、その前のものと持っていて、確かに多少は違うかな?と思うこともありますが、サウンドの方向性は当然ながら同じです。気にする程度の違いではありません。

結局現状ではシンクロ号もフロイド号もどちらもリアピックアップは59になってしまいました。やっぱりここに戻ってきちゃうし、これをつけておけばとりあえず好きなトーンが出せる、って感じですね。高級ブティックピックアップの中にはもっといいサウンドがするものもあるかもしれませんが、まあそれはまたお金があって気が向いたらやってみます(笑)。

意外と実際には「俺はいま値段の高いブランドピックアップを使っている!そんな俺が好き!」的な自己満足が高級ピックアップを使っている理由になってることも決して少なくないでしょうからね。私自身、そういう高級ブティックピックアップを使って59との明確な差が感じられるかどうかの自信は今一つないですしね。

たしかダンカンのアンティクイティは手巻き高級ブティックピックアップの部類に入る製品だと思いますが、それでもアンティクイティがベストだともそんなに思いませんからね。確かにジャキジャキ感や枯れ感はあるように思いますが、私自身がジャキジャキや枯れたトーンを必要としていないわけですから、アンティクイティは必ずしも私にとってはベストじゃないんです。

もちろんアンティクイティもリアは試したことないですし、同じくセスラバーも使ったことないです。もちろんトムホームズなんて使ったこともないですし、ほかのうんちくを語る高いピックアップも使ったことないです。ピックアップマニアの私としては興味はもちろんありますが、「どうしても欲しい!」とは今のところ思わないですね、だって59で十分満足できるトーンが出るから。

とにかく私にとってはダンカンの59は基準となるピックアップ。もっとも信頼できて間違いのない選択ですね。

関連記事
ピックアップ