FC2ブログ


さて、先日ペグをゴトーのHAPM機能付きマグナムロックに交換したところですが、続けての改造を行うことになりました。それはトレモロユニットを2点留めにすることです。

gotoh_ns510tfe1cke.jpg
もちろん今の6点止めのユニットでもほとんどチューニングは狂わないし、動作もスムースなので正直問題はないんですけれども、やはり6点止めだと激しいアーミングとかしたあとの支点の戻りや強度が気になることがあるので(皿ネジのおかげもあって、支点がずれることはほとんどなく、実際に悪影響が出ることは今のところないんですが・・)、より良いアーミングシステムを使って安心するという意味からも交換してみようかと思っています。

そう思うきっかけになったのは、先日フロイド号にロックペグを付けたときにナットキャップを取り付けないでアーミングの狂いをテストしたことなんです。やっぱりトレモロユニットが2点止めになっているというのはアームが軽くてスムースに動きますし、やはりチューニングキープの面でも安定している感じがしますからね。

それと昔からあの細い6本のネジでトレモロユニットの激しい動きを受け止めていることに個人的にはとても不安を感じていますしね。実際今のネジ穴は、もともと開いていた穴が長期間使ったせいでネジが傾くようになってきたので一度木で埋めて改めて開けなおした穴ですしね。激しいアーミングをするときはいつも多少の不安を感じながらやっているので、もっと強度のある取り付けをしたかったんですよね。

で、今回購入したのはゴトーのNS510T-FE1というモデルで、今使っている6点留めトレモロの2点留めにしたモデルです。最近の私はゴトーのシンクロトレモロには絶大な信頼を寄せているので今回もゴトーです。ちなみに弦間隔は10.5ミリのものにしました。ご存じのように本来のストラトのブリッジ部分での弦間隔は広く、いま取り付けているゴトーのトレモロユニットは10.8ミリでオリジナルよりはすこし狭いのですが、それよりもさらに狭い弦間隔のユニットにしました。

これでレスポールと同じくらいの弦間隔ですし、これによって1弦と6弦の弦落ちもマシになりそうですし、さらにいえばリアに取り付けるハムバッキングのポールピース間隔もバッチリ収まりますしね。トレムバッカーだのFスペースだのといったピックアップではなく、普通のハムバッカーを買えばいいのは正直嬉しいですよね。また日本人の手には10.5ミリの弦間隔のほうが合うのではないでしょうか?

昔は「オリジナルのストラトは11.3ミリだからストラトのブリッジは11.3ミリでないと許せない!」みたいなことを考えていた時期もありましたが、最近の私はそんなことには一切こだわりません(笑)。合理的で良い楽器になるのであれば、フェンダーのオリジナル仕様にこだわる必要性を全く感じないですね。

でも逆に言えば、こういう思い切った改造ができるのも、ストラトが実に柔軟なギターであるからで、ボディの穴を開けたり埋めたりするのも容易ですし、ピックアップなどのパーツ交換や配置変更の自由度も高いです。さらにはネックまでも別のものに交換できるわけで、そうやることで古いギターにも何度でも新しい命を吹き込むことができます。これはほかのギターではなかなかできないストラトの最大の魅力です。

さて、今回買った二点留めシンクロユニットですが、今回は工作精度を高めるためにきちんとしたボール盤を持っている人の協力を得て穴を開けたいと思っています。私はフロイドローズを取り付けるためのボディへの穴あけも自分でやりますが、今回のシンクロ号の穴あけはすこし慎重に作業しようと思っています。

ただ、一つ今回のユニット交換でユニットを実際に手にしてみて「あれ?」と思ったところは、実は今回購入したゴトーのNS510TというモデルのユニットにはFST機構がついていないことなんですね。これ、ゴトーのホームページを見ていますとまるでNS510TにもFST機構が備わったモデルがあるかのようになっていますので、普通FST機構がついていると思ってしまうはずなのです。

このFST機構とは、ゴトー独自の弦の取り付け方で、ブリッジ部分でのチューニングの狂いを少なくするためのものです。どこまで効果があるのかはわかりませんが、少しでもチューニングの狂う要素を減らしたいのでこういう仕組みはありがたいのです。またストラトの最大の謎の一つでもある、「角度90度のテンションをかけて弦を張る」という意味不明なこともしなくて済みますしね。そんなギターほかにはないですよ、絶対(笑)。

でも新しく買ったユニットにはその機構がついていません。ネットのカタログにはしっかりと表示されているのに。(というか、実にわかりにくい表示になっています)

もしかして偽物でもつかまされたのだろうか?と心配になってゴトーに問い合わせましたら、「もともとNS510TにはFST機構はついていません。わかりにくいホームページですみません」との回答でした(笑)。なんだそれ?と言いたいところですが、ないものはどうしようもないので仕方ありません(笑)。だったら鉄製ブロックのついた別モデルにすればよかったよ、同じ値段で売られていたのに、と後悔したところでした(笑)。

と、いうことで、少し期待していたものとは違ったものが届きましたが、これを近日中に取り付けてセットアップしていきます!

関連記事
エレキギター