先日シンクロ号にマグナムロックを取り付けた時は、HAPM機構のセッティングの難解さに手を焼きマグナムロックの良さをほとんど実感することがなく、その後も若干の不満(特に6弦のチューニングの安定性)を感じながら使ってきました。で、古い弦の音にも若干の不満を感じだし、マグナムロックの弦の張替えの具合も確認したい意味もあって弦を張り替えることにしました。

hapm_201801221906335ba.jpg
すると!今回はマグナムロックの良さを実感しましたね(笑)。まあ、古い弦をペグから外すときには手動でポストの先端のロックを外してやる必要があったりしてそのための道具が必要になるし、弦をロックするためにもペグを結構ぐるぐる回す必要があるので、完全に手だけで裏のノブを回すだけで簡単に弦が張り替えられるシャーラーのロックペグと比べるとその点ではめんどくさいのですが(笑)。(追記: 実際にはペグのヘッドをコインなどで強くロックしない限り、通常はペグを回すだけでロックはスムースに解除できます)

そしてもう一つ言えば、前回ブログに書いたように、やはり弦を張り替えるとポストの締め込み(固定?)が若干緩くなってしまうようで、特に低音弦ではブリッジ側で弦を引っ張ってペグを締め、また弦を引っ張ってはペグを締め・・・という作業を数回程度行う必要はあります。まあこれはポスト高さ調整機能付きのマグナムロックの弦の締め付けを確実にさせるために必要な作業なのだろうと思います。

ただ、今回はそれでチューニングはほぼ安定しましたね。つまりマグナムロックをがっちり締め付けさせるために弦を引っ張ってペグを巻く・・という作業をしている過程で弦も伸びて遊びが減るので、その作業を行った後はかなりチューニングが安定してくれるのです。

その狂いは、シャーラーを使っていたころとほとんど変わらないですね。あるいはシャーラーよりも優秀かもしれません。シャーラーを使っていた時もノブを回してロックの締め付けを強めたりする作業をしていましたし、弦を伸ばす作業も同じように何度かやっていましたしね。

今日も何曲もユーチューブに合わせて自由に演奏してみましたが、気になるようなチューニングの狂いはなかったですね。チョーキングをしてもアーミングをしてもその後すぐにコードを弾いても問題ないです。6弦もほかの弦もほぼ大丈夫、ワンステージ使えるレベルでチューニングはキープされています。

最近は家ではフロイド号とも持ち替えながらギターを弾いていますが、正直言ってフロイド号よりチューニングの狂いも少ないくらいで安定しているし、サウンドもシンクロ号のほうが好きなのでついこちらばかり弾いてしまいます(笑)。フロイド号はかなりチューニングは安定してきていますが、それでも絶対的な信頼を置けるほどではありません。

フロイドローズのほうが、いざチューニングが狂い始めると修正するのが大作業になるので、かなりのレベルでチューニングの狂いを抑えられない限り、ライブで使ったりするのがいまいち不安なのです。マグナムロックの使い方をマスターした現状においては、シンクロ号のほうがはるかにチューニングは安定しており、信頼できます。数年前までのこのギターの過去を思い出せば、ノーマルシンクロ付きのギターでここまでアームを使っても狂わなくできることは私自身にとっても驚異です。

ところでシャーラーと比べてマグナムロックのほうが良いところは、なんか、日本製らしくさりげないところですね(笑)。ルックス的にはノーマルのペグと見分けは付きません。でもポストの高さまで調節できるロック機構が内蔵されているペグなんですよね。しかも重量も軽いですしね。シャーラーの重くて、いかにもロックしてます!ってアピール感の強い大きなノブがついたペグでしたが、ゴトーは実にさりげないです。

きっと日本人がフロイドローズシステムを作ったらもっとコンパクトで軽いものにしていたでしょうね。あのシステムもいかにもアングロサクソン系の国の人が作った!って感じの重厚感にあふれまくったゴツいパーツですもんね(笑)。最近の潮流としては、このゴトーの作ったロックペグとウィルキンソン・ゴトーのトレモロを組み合わせているカスタムギターを使う一流ギタリストが増えていますが、こういうさりげなくてしかもきっちりとチューニングキープはしてくれる、というシステムの良さを気に入る人が増えているのでしょうね。

一度弦を替えてみて私の不安は払拭されましたので、今後はこのゴトーのマグナムロックで行こうと思います。シャーラーのほうは特に使う用事もないのでサヨウナラしましょうかね(笑)。最近は使わないパーツやエフェクターはどんどん売っ払ってます。そうやってどんどんいろんなものを試してみたいですね。

関連記事
エレキギター