一昨日はシンクロ号のペグ交換を行いましたが、昨日はフロイド号のペグ交換を行いました。こちらに関しては、シンクロ号の時と違ってゴトーのマグナムロックの良さを実感するだけでしたね(笑)。

sd91n05ml6mgr_001.jpg
フロイド号は元々クルーソンタイプのペグが取り付けられていたこともあって、今まで使っていたペグをゴトーのマグナムロックに交換するだけの作業です。なのでネットにしばしば見られる書き込みのように、ペグを取り付けるためのネジを締めていたらネジが折れてしまった、なんていうトラブルとは無縁でした。元々取り付けていたネジを再利用すれば問題ないですし、それよりなにより、メイプルみたいに硬い木に木ねじを無理矢理ねじ回そうとするともどうかと思いますね。

メイプルなんて、本当に堅い木なんですから強引に木ネジを回したってロクなことはありません。キリやドリルである程度の穴は開けてやらないとそりゃ無理です。その辺りは木工の基礎的な知識として知っておくべきかと感じます。

で、ただ一つ面倒くさかったことは、ペグを取り付けるためのブッシュを交換する作業ですね。元々付いていた前のペグのブッシュが使えればそのまま使おうと思ったのですが、前のペグのブッシュのほうが少し穴が大きいんです。そのせいでガタが大きくなってもイヤだったので、ブッシュを附属のものに交換しました。実際には附属のブッシュを使ってもガタがゼロになるわけではなかったので、ブッシュを交換する必要はなかったような気もしますが・・(笑)。

何が面倒かと言えば、元々付いているブッシュを外すのが面倒だったのです。いえ、こんなもの何かを使ってコンコンっとハンマーで叩けばすぐ外れるんですけど、その外すためにサイズがぴったりな「何か」を探すのが大変だったのです(笑)。で、昔からのギターパーツなどを集めて放り込んでいる部品箱をがさがさと漁って、ちょうどぴったりなサイズのペグの部品を見つけることができたおかげで、ブッシュは取り外すことができました。このペグの部品を見つけるのに時間がかかって大変でした(笑)。

新しいブッシュはヘッドの表側に指でグッと押さえて軽く差し込んだあと、頭の柔らかいハンマーでガンガン叩けば入りますのでこっちはラク。

さてそうやって準備が整っていよいよマグナムロックペグの取り付けです。これは時間かかりませんね、ペグを穴に差して、裏側で二カ所ずつネジ止めしていくだけですからすぐに作業も終了。で、弦を張ってチェックします。

ここで、私は以前から試してみたいことがあったのでいい機会だと思って試してみることにしました。それは、「フロイドのトレモロユニットが付いたギターにロックペグを使った普通のネックを取り付けるとどうなるのか?」、そして「ロックペグを取り付けたギターで、フロイドローズのナットをロックしないで使うとどれくらいチューニングがキープできるのか?」ということ。

前者についてはノーマルナットの付いた四点止めネックを持っていなかったのでできませんでしたが、後者は今回テストすることができました。まあ、後者をテストすれば前者の結果も自ずと予想できそうには思います。

で、実際にマグナムロックを付けてチューニングした後、ナットのキャップを使わず、そしてナットの後ろにあるストリングガイドも外した状態でアームを使ってチューニングの狂いを確認したところ、ほとんど狂いませんね、とても優秀でした。ナットも鋼鉄で非常に硬く弦の滑りもよいので、あれだけ幅のあるナットに弦が接触していてもそんなにチューニングは狂いませんね。

もちろんフロイドのナットは溝の切り方や弦のテンションの具合の関係でサウンドや弾き心地がイマイチなところがありますのでそのまま演奏に使えるレベルの状態ではありませんが、しかしロックキャップを外してもロックペグを使っていれば全然問題ない程度のチューニングキープはできます。これはいい発見でしたね。

結局のところ、トレモロユニットを使うときのチューニングが狂う原因って、ナットの滑りももちろん少なくない原因なのですが、個人的にはペグ部分での弦の遊び(ポストへの弦の巻付けやペグそのものの精度や取り付け精度)、そしてトレモロユニットでの弦の遊びやトレモロユニットの支点のズレのほうが厄介な問題だと思いますね。フロイドローズの場合には、トレモロユニットにおける弦の遊び云々の問題はほぼ完全に解消されており、さらにロックペグを使うことでペグ部分の問題も解消されているので、チューニングが狂う原因はナット部分の問題だけが残るわけです。

で、今回ナットだけにチューニングが狂う原因がある状態でテストをしてみたところ、それほどチューニングが狂わないことが明らかになったのです。つまりナットでの弦の滑りの問題はそれほど手強い原因ではなく、グリスでも塗ればその問題はほぼ解消できるということです。やはりトレモロによるチューニングが狂う原因は、主にペグとトレモロユニットでの弦の遊びと、トレモロユニットの支点の動き・ズレにあると思いますね。

話を戻しますと、そうやってテストを行った後、ナット部分でも弦をロックして通常のフロイドローズの状態に戻してから弾きますと、なぜか以前のペグの時よりチューニングやサウンドが安定しているような気がしましたね。ナットのロックの向こうにあるペグを交換しただけなので、本来的にはサウンドやチューニングになにも影響しないはずなんですが、面白いものですね。まあ、気のせいもかなりあるようには思いますが(笑)。ギターってパーツ一つのネジの締め方を少し変えるだけでも音は変わりますからね。

・・・ということで、フロイド号のペグ交換の話など。こちらは当然と言いますか、ただ単に弦の張り替えが楽になった、という効果を確認できればそれで終わりですね(笑)。

で、気になるシンクロ号のその後ですが、ええ、正直言ってチューニングに関してはとてもよくキープされています。スタジオでもライブでも、これくらいの狂いでしたらほとんど問題ないと思います。十分実用に耐えうるレベルに調整できていると思います。なので、ゴトーのマグナムロックもシャーラーのペグ同様に、トレモロのチューニングキープのためにはとてもよいパーツだと思います。

フロイドローズレベルで狂わないか?といわれれば、さすがにそこまではできてないと言わざるを得ませんが、でも普通にギターをプレーするのであればなんら問題になるほどの狂いはないと思います。まあ、もうちょっとマグナムロックのクセをよく把握してもっとチューニングの狂いを減らして使っていけるようにしたいと思っています。

関連記事
エレキギター