先日申し込んでいましたゴトーのマグナムロック、フロイド号用もシンクロ号用も両方同じ日に到着しました。

とりあえずはフロイド号については慌てて交換する必要もないので、まずはシンクロ号からペグ交換することにしました。

hapm2.jpg
シンクロ号用はペグのポストの高さを調整できるHAPMモデルにしたのですが、正直言いましょう、取り付けた当日はゴトーのHAPM付きペグの良さは全くといってよいほど実感することはできませんでした(笑)。

まず取り付け作業自体は非常に簡単でした。ヘッドのペグ取り付け用の穴は、シャーラーのロックペグと全くといってよいほど互換性があり、無加工で取り付け可能でした。ただ、シャーラーはヘッドの裏側はピンで固定するタイプだったのに対し、ゴトーは木ねじで固定するタイプだったので、その木ねじ用の穴を開ければよいだけの作業でした。なので、こちらはとてもラクでした。

ただ、ここからですよ、HAPMの大変なところは・・(笑)。まず、たぶんこのHAPM付きペグを買ってユーザー自身で取り付けようとした人は、ほとんど全ての人が最初はわけわからない状態に陥るのではないでしょうか?それは何かと言えば「ポストの高さが変えられない」こと。

これ、「ポストの高さを変えられる」からこそHAPM付きのペグにしているのに、「ポストの高さが変えられない」なんて、このペグを買った意味がないですよね?説明書を何度読んでそのとおりにしてみても、ネットのゴトーの説明ビデオを見てそのとおりにやってみても、もう全くポストの高さが変わらないのです。

私の場合は5-6弦のポストは高さを変えることができましたが、他の1-4弦のポストの高さを変えることがどうしてもできませんでした。本当に高さを変えるために何時間これらのペグと格闘したことでしょう(笑)。で、最後の最後に諦めて購入したお店にクレームつけて交換を依頼しようと腹をくくったのですが、その前に「いや、ちょっと待てよ。僕がこれくらい困っているということは、他にも調節できないで困っている人がいるんじゃないか?」と思ってググってみました。

そして「ゴトー HAPM 調節できない」で検索すると、最初のほうの結果にこちらのページを見つけました。

hapm.jpg

もうこのページのおかげで、私以外の方もこのHAPM付きペグで面食らっていること、そして問題解決の方法があることを知り、地獄に仏を見たとはまさにこのことかと手を合わせたい気持ちになりました(笑)。いや、それほど本当にこのページのおかげであっさりと問題は解決して、ポストの高さ調節ができるようになりました。飛鳥楽器の店長さん、ありがとうございました。

いや、でもこのペグ、ひどいですよ、マジで。まず購入した人の大半はこのポストの高さ調節ができないことでかなり心折れるのではないでしょうか。はっきり言って独力で解決することはほぼ不可能ですね、だって力を入れすぎて調整して壊してしまうという恐怖心がありますからね。

でも調節のしにくいときの解決方法がわかっていればどーってことないことです。とはいえ、こんなに素人に扱いにくい商品を売るなよ、というゴトーに対する文句もふつふつと感じますね。はっきり言ってこのHAPM付きペグ、ユーザーからクレームの嵐なのではないかと思いますね。もちろん不良品ではないのでメーカー側も一生懸命説明するとは思いますが、しかし初めてこの商品を手にしたユーザーで全く問題なく全てのペグのポスト調節ができる人はいないのではないでしょうか?

だって、例えペグをギターに取り付けて最初に調整してくれるのが楽器屋さんのプロのギターテックだとしても、その後毎日ギターを使って弦を張り替えたり、自分の好みに合わせてポストの高さを調整しようと思うのは素人のギタリストですからね。ポストの高さを変える程度のことでいちいち楽器屋にギターを持ち込むなんてやってられませんからねぇ。素人のギタリストに高さ調節できないペグなんてほぼほぼ不良品と呼んでもいいレベルですよ。

で、ここでこれだけ苦労をしてギターにペグを取り付けて高さ調節をし、そして弦を張ってマグナムロックの実力を試そうと思っているともう一つ大きな問題が。

何が問題って、せっかくロック付きペグを使って弦を張っているのに、チューニングがメチャクチャ狂うんですよ、もう冗談かと思うくらいに(笑)。その瞬間にシャーラーから交換したことを後悔したくらいですね(笑)。

なんど弦を引っ張ってペグでの弦の遊びをなくしてもチューニングの狂いは全く解消することがありません。シャーラーなら新品の弦でも2-3回この作業をすればほとんど全くといってよいほど狂わないレベルにチューニングすることができます。ところがゴトーでは何度やっても永遠に狂うのです。

これも相当な時間を掛けて繰り返しこの作業をした後に結局諦めて、「これはもしかすると弦のロックが甘いのかも知れない」と思ってペグのポストの頭を10円玉で右回転に締め付けることにしました。

す・る・と・・、ポストが回る回る(笑)。1/4回転くらいするのは当たり前でヒドい弦のポストになれば余裕で半回転以上回るんです。そりゃこれだけ弦を張った状態でポストが回転するのならチューニングが安定するわけありません。ビックリですよ。なんでポストがこんなにくるくる回るのか原因はわかりません。もしかすると私のセッティングのしかたに問題があったのかも知れませんが、これもこのHAPM付きペグの扱いのわけわからないところの一つなんだろうと思います。

そうやってペグのポストの頭を締め付けて動かなくなる状態にしてやれば、ようやくチューニングが安定してくるようになりました。そしてそうやってペグの頭が回らなくなると、同時に弦の鳴りもよくなりました。そりゃ、そうでしょうね、あれだけ固定されていないペグに弦が固定されているのであれば弦の鳴りも吸収されてしまうに違いありません。

ここまでやって、ようやくゴトーのHAPM付きペグの実力が発揮されることになります。まぁ、大変でしたねここまで来るのが(笑)。そうやって調整が済んでいろいろなフレーズを弾いてみますと、まあシャーラーのロックペグレベルにチューニングが狂わない状態にはもってくることができました。

その状態でのゴトーのロックペグの感想ですが、ゴトーのマグナムロックのほうがペグ自体の重量が軽いおかげかシャーラーの時のようにヘッド落ちする感覚がなくなりました。それと先ほども書きましたけれども、ペグが軽いおかげか、弦とネックがよく鳴るようになったように感じましたね。

それともう一つ、これはさすがにHAPMのおかげと言うべきでしょうか、ポストの高さを変えることによって弦のテンションを調節することが可能なので、比較的テンションを弱くして弦を張ることが全ての弦で可能になるため、シャーラーの時と比べてチョーキングやビブラートがやりやすくなりました。言ってみればフロイド付きのギターを弾いているような感じでしょうか?とても弦の感じが柔らかくなりました。

そしてチューニングも調節後はほとんど狂いません。ただ、ここまで時間を掛けて調整したことから感じる不安は、「こんなにポストの頭を締め上げてしまって、弦交換の時にロックは外れるのか?」ということと、「新しい弦を張るとまたポストがぐるぐる回ってしまい、またペグの頭を10円玉で締め上げないといけないのではないか?」ということ(笑)。

これは真面目な話、結構面倒くさいことです。こんな面倒が毎回弦を替えるたびに起きるのなら、シャーラーのペグのほうが100倍くらいラクです。確かにゴトーのほうはサウンドもよく、テンション調整もできるのは大きな魅力ですが、弦を張るたびにこんな苦労をさせられるのであればバカバカしくてやってられません。

なので、正直言ってこのゴトーのペグには現時点では疑問と不安が残ったままの状態ですね。次回弦を張り替えるときにこの疑問や不安が解消されていて両手を挙げて喜んでいるか、またしても同じ調節をさせられるハメになってウンザリしているかがわかりますね・・。そのときまで不安と評価はペンディングしておきます・・(笑)。

と、いう感じですね、とりあえずゴトーのマグナムロックをつけた感想は。正直言って「満足」とは言えません。まあシャーラーの時もその性能を100%発揮させるためにはそのクセを把握するために時間がかかりましたので、ゴトーももう少し時間を掛けて慣れる必要があるのでしょう。そう思うしかありませんね(笑)。

しっかし、このユーザー満足度重視の時代に、マニュアル通りに扱ってポスト調節ができないのは問題大きいですわ。これが訳わからない中国製や不親切極まりない欧米製の製品ならいざ知らず、過剰とも言えるほどユーザ-からのクレームに配慮している日本製の製品でこんな目に遭うとは夢にも思いませんでしたね。

以前にも書きましたけれども、個人的にはゴトーの製品は信頼していますし、品質も素晴らしいと思います。それだけに今回のHAPM付きペグの取り扱いの難しさには閉口しましたね。これ、一度取り扱った経験がある人やプロでなければ絶対と言ってよいほど取り扱い不可能ですよ。こんな不親切な商品は近年見たことがなかっただけに驚きましたね。

これ、短気な人だったら買ったお店に怒鳴り込みの電話を入れるレベルの商品ですよ、マジで。私が助けられたホームページと同じレベルで調節の注意点をマニュアルに記載するか、あるいは商品を改善してもっと取り扱いやすい製品に改良するべきだと思いますね。

とにかく、あまりに不親切な商品ですね。素人向けの商品ではありません、完全にプロのギターテック向けの商品という感じで、一般素人ギタリストがポストの高さを難なく調整できるような代物ではありませんね。まあ、もう少し使い込んでいって、さらにこのペグの善し悪しを把握していこうとは思っています。

とりあえず今回はシンクロ号に付けたゴトーのHAPM付きマグナムロックペグの話題など。

関連記事
エレキギター