ランドグラフのダイナミックオーバードライブ(DOD)は私も大好きなオーバードライブペダルですけれども、ネットを見ていますと「ジョンランドグラフが作ったかどうか」「ジョンランドグラフのサインがあるかどうか」に異常なこだわりを見せるようなものを見かけますね。

1001642263820150627162134_1.jpg
でも一言だけ言っていいですか。

ネットに売り出されているジョン時代のDODなんかを見ていても裏に書かれているジョンのサインがもうフニョフニョでメチャクチャなものも結構あるんですよね。それって、どう見たって「裏にサイン書かなきゃいけないから、何が何でもサインだけ自筆でやらなきゃ・・」という感じでもうカラダもまともに動かないジョンに無理矢理サインだけさせた、って感じのサインなんですよ。

で、そんなサインしか書けないジョンランドグラフ氏がエフェクターを製作できると思います?(笑) どう考えたってサインもまともに書けないような人がエフェクターを作っているわけないんですよ。それにランドグラフのペダルの裏蓋の内側のメッセージ(落書き)を見てると、かなり初期の頃から「制作者はジョンとロゼリン」と書き込まれていて、内側のサインにはジョンとロゼリンのサインが書かれていることが多いです。

つまり、ランドグラフのペダルはかなり最初の頃から奥さんであるロゼリン・ランドグラフ氏が製作を手伝ってたんですよね。で、ジョン氏の晩年は表に見える部分のサインだけなんとかジョンが書き、製作は全てロゼリンがやっていたと思われるんです。だからジョン氏が亡くなるかなり前の製品からロゼリン氏が作ってたと考えるのが普通なんです。

なのに、フニャフニャの読めないようなサインが書いてあっても「これはジョン・ランドグラフ氏が作ったホンモノのペダル。サウンドも違います」みたいなことを謳って10万円とか平気で売り出してるんです(笑)。もうお笑いですよ、そんなの。あんなサインしか書けない人がペダルを作ってるはずもないのに、「音が違う」だの「ホンモノ」だの「ジョンが作った今となっては珍しいペダル」なんて謳って高値で売ろうとするなんて。

「音が違う」つったって、違うわけないでしょうに、だってロゼリンがずっと作ってるんだから。ジョンが死んだあとのペダルもロゼリンが作ってるし。「ジョンが作った・・云々」はもう何をか況んや、の世界(笑)。ジョンのサイン以外、全てロゼリンが作ってます(笑)。

もちろん、ジョンのサインに価値があると信じている方はいくら払っても良いと思います。確かにジョンは死んでしまって、今後ジョンのサインが入ったペダルは二度と新しく作られることはないわけですからね。でも、「音が違う」とか「ジョンが作っていないからダメ」という理由でジョンの死亡前と死亡後のペダルを区別している人がいるとしたら、そりゃお話になりません。

こういう胡散臭い話に溢れてるんですよ、楽器の世界って(笑)。クソも味噌も一緒なんです。音なんてわかりもしないのに、「これはこれこれこういうことでスゴいモノなんだ!」みたいに勝手に神話を作って値段をつり上げるんですよね。まあ、それもブランド商売ですからやりたい人は自由にすればいいと思いますけど、それを盲目的に信じている信者の方たちがイタいですよね。

まあバカバカしい話です。はっきり言っておきましょう、ランドグラフのペダルはずっとロゼリンが作ってんだから、ジョンが生きてたときも、そして死んでからも、音は変わりませんよ。変わるように聞こえる人がいるとしたら、それは個体差か単なる思い込みだと思います(笑)。

関連記事
ギターエフェクター