FC2ブログ


ただいまメインのストラトにはリアにカバーを付けたダンカンのカスタムカスタムを付けています。それなりに良いサウンドがしていると思うのですが、フロントが色気たっぷりなダンカンのジャズだからでしょうか、どうにもリアにセレクターを切り替えたとたんに音がつまらなくなってしまいます・・(笑)。

P_20171007_200749.jpg
本当にフロントに付けたジャズは、リアとの関係で弦から少し距離を開けてセットすると本当に色気たっぷりで表現力豊かな音がするんですよ。シングルコイルを少し太くさせたような感じの音で、本当にセクシーなんです。

しかしリアのカスタムカスタムは少し弦と距離をとったくらいで色気が増すことはありません(笑)。まあ前回このギターにカスタムカスタムを取り付けたときもそうやって飽きてしまったのですが、どうやら今回も同じ飽きが来てしまったような感じですね。確かにコードを鳴らしたりするときはとってもカッコいいんですよ。ものすごく迫力があって、サスティンもあって、「音の塊!ハードロックはこれやっ!」って感じで迫力満点なんです。

でも、そのときだけなんですよね、カッコいいのは。ソロを弾くとどうにも平坦な音でつまらない。なんなんでしょうね、このニュアンスのなさと色気のなさは。やっぱりハイパワー、ハイゲインのピックアップっていうのはこういうところがどうしても出てくるんでしょうね。現在はカスタムカスタムをかなり弦から離してセッティングしているのですが、それでもかなりハイパワー、そしてノーニュアンス(笑)。

でもだからといって59じゃあ音は最高だけどパワーがなさ過ぎる。フロントのジャズとのバランスが悪すぎます。困ったもんです、本当に(笑)。まあエディ・ヴァン・ヘイレンが弾いてもカスタムカスタムはニュアンスの薄い音になってしまうのですから、もうこれはこういうピックアップなのだと思うしかないですね。

もちろん音はハイからローまでそれなりに太いし、先日導入したマクソンのRTO700とも相性はとてもいいです。お好きな方にはこの音はハマるかも知れません。特に最近はディマジオのトーンゾーンとかの評判が高いようですし、ドンシャリのハイゲイン歪みトーンが好きな方などには「なにが問題なの?」という感じかも知れないです。

まあでもその辺は年を取ったギタリスト、というか(笑)、やっぱり「イマドキの超絶技巧はムリだけどピッキングのタッチとかを大切にして色気のあるサウンド勝負で行きたいよなぁ。そのほうが弾いてても自分が気持ちいいし」とか思うところがあるんですよねぇ。どうしてもカスタムカスタムではそのあたりが弱いんですよね、コードやリフ弾きにはいいんですけど。

弾けば弾くほどその色気のなさにつまらなさを感じてしまう・・・、前回と全く一緒ですね、そして女性と一緒(笑)。何でもかんでも「ガー」とか「バー」とか大きな声出して騒げばいいわけでもないですしねぇ。「キュッ」とか「キッ」「カッ」という音も色っぽい音もほしいですよねぇ、やっぱり気持ちよくなるためには。そのあたりの微妙な反応も欲しいですよね、女性と一緒(笑)。ハードに歪ませてもやっぱりそのニュアンスは欲しいんですよね。女性と・・、もうええか(笑)。

もう一度バランスの悪さを承知で59を付けるか、あるいは少しパワーアップした78を試すか、59/カスタムのハイブリッド(SH-16)を試してみるか。本当に59をそのまま音を大きくしたものがあればいいのにな、と思っちゃいますね。

ホント悩むなぁ・・。

関連記事
ピックアップ