先日大きな音を出してセイモア・ダンカンのカスタムカスタムがリアについてギターを鳴らしてきました。ジャズコーラスを使う場合のプリアンプの設定もだいぶマシになってきて、サウンドは自分自身でも満足、聴いておられたギタリストの皆さんからも概ね「良いサウンド」とのお声をもらいました。

P_20171007_200749.jpg
ただ・・・、ハウる・・(笑)。なんだ、結局T-TOPだけじゃなくてカスタムカスタムもハウるのかよ!って感じでしたね。まあ、T-TOPがハウるのはパラフィン漬けしてないピックアップだからですが、カスタムカスタムも今まで何度か分解している過程で買ったときに付着していたロウはほとんど取れちゃってますから、いろんなところが振動してハウるんでしょうね(笑)。

もちろんカバードにしていることによって、カバーがハウリングを起こしている可能性は高いです。いままで何度かステージで大きな音を鳴らしてみて、カバーをつけてハウらなかったのは結局59だけ。ただこれも演奏しているスペースの関係(アンプとの距離や位置)や音量の問題もありますので一概には言えないです。

T-TOPをロウ漬けするのはちょっと抵抗がありますので、一度カスタムカスタムを自分でロウ漬けし直してみますかね。カバードの場合はカバーをつけた状態でロウ漬けするみたいなのですが、それは確かに確実にハウらないと思いますが、そこまでやっちゃうのはどうなんだろ?という気もしますね。もちろんバラせばロウはポロポロと取れちゃうんですけどね。

今からまだまだステージに立つ機会があるでしょうし、そのときにストレスなく自分が出したい音を出したいですからね。カスタムカスタムのサウンド自体は大きな音でもいい音がするし、好みのサウンドが鳴るようになっていますので一度ロウ漬けし直してみますかね。

関連記事
ピックアップ