FC2ブログ


メインのシンクロ付きストラトのピックアップですが、現在は古いギブソンのT-TOPがついています。大きな音を出してスタジオやライブで使ってみましたが、音は問題ないですね。トーンもハイからローまでいいバランスで出力もフロントのJAZZとそんなに悪くないバランスで鳴ってくれます。

P_20170925_005635.jpg

ただ・・、ハウるんですよねぇ。そういえば思い出しました、昔若い頃に演奏してたら、確かにこのピックアップはよくハウってました。そんなに大きな音で鳴らしているわけではなかったのに、ステージの上で少し音が途切れると「ピー!」と鳴り始めます。特にドライブチャンネルで歪みを増やすと。

クランチチャンネルではハウらないのでそれほど重症ではないんですが、まあそれでもやっぱりハウらない方が何かと扱いやすいのは間違いないです。だから最近のピックアップはほとんどパラフィン漬けしてあるわけですからね。

ライブでの使い勝手を考えると、やっぱりT-TOPより59かなぁ、なんて思ってしまいますね。トーンはT-TOPのほうが好みだけど、実用性などを総合的に考えれば59がベストなんだろうな、と思うんです。もう一つの選択としては、カスタムカスタムにカバーをつけて使う、という選択も考えてみました。

フロントのJAZZとのパワーバランスを考えてみますと、リアはもう少しパワーがあるピックアップでもいいと思うんですよね。問題はバイト感やタッチをうまく出してくれるニュアンスがあるかどうかです。カスタムカスタムは少し前にギターに搭載したときの印象では、なんかシンセサイザーみたいにのっぺりとした、色気もクソもないサウンド、という感じだったんですよね(笑)。

ただ、弦との距離を少し空ければそのあたりのニュアンスは豊かになるような気もします。なので、カスタムカスタムを使うか59を使うかで悩むところなんですが、とりあえず今回は無難に59で行っておきましょうかねぇ。で、今回は80年代後半の古い59をカバーをつけて使ってみようかなと思っているところです。こんなやつ↓

59-2_20170214210801027.jpg

せっかくいい音がするT-TOPなので残念ですが、ライブでも使う実用性を重視してまたピックアップを替えることにしてみます。

関連記事
ピックアップ