最近の私は家でも、スタジオでも、ライブでも、ノーマルのシンクロトレモロ(と言ってもゴトー製の少し特殊なタイプ)を使っていますが、アームを使ったり大きなチョーキングを行ったりしてもほとんど問題ない状態でプレーできます。以前にも書きましたが、これは弦をフェンダーのニッケル弦に変えてから、まあ、突然に、と言って良いほどチューニングが狂わなくなりました。

その理由をずーっと考えているんですが、やっぱりよくわからないんですよねぇ。

P_20170817_111930.jpg
で、最近結論的に考えている理由は、トレモロを使ったときに弦のボールエンドがトレモロユニット内で変にズレたりしないから、ではないかと思っています。つまり、フェンダーの弦のボールエンドが私のギターのトレモロユニットとの相性が良くて、そのおかげでチューニングが安定しているのではないかと思うのです。

と言いますのも、チューニングが狂う原因とよく言われているペグでの弦のたわみやナットでの滑りの問題は弦を変えたからといって大きく変わらないと思うんですよね。これら二つの原因は、ロックペグを使い、ナットにグリスを塗ることでほぼ解消できているはずなんです。

それにもかかわらず、以前使っていたダダリオやアーニーボールの弦のころは3弦、6弦あたりを中心にバンバンチューニングが狂っていました。ところが弦をフェンダーに変えたとたん、なぜかチューニングの狂いがぴたっと止まるわけです。ペグもナットの滑りの状態はなにも変わらないのに。

ヘッド部分で変わるポイントがないとすれば、あとチューニングが狂う原因はトレモロユニットにおける弦のズレしか考えられません。サドル部分での弦の滑りも一つの大きな原因だと思いますが、これも弦を変えた程度で大きな違いがあるとは思えません。

とすれば残るポイントは、ボールエンドで弦を止めている部分だけ、ということになります。たぶんものすごく微妙なサイズの違いなんだろうと思いますが、ボールエンドのパーツのサイズとか、弦の止め方とか、そのあたりが微妙に具合がいいんでしょうね。そのおかげでアームをかけて弦のテンションが大きく変わってもボールエンドの位置が大きく変わることなくすんなりと元に戻れるのでしょう。だからチューニングが狂わないんでしょうね。

それを証明することは簡単なことです、サドルの奥のどこかで弦をネジ止めしてロックするような仕組みを作るようなことができればボールエンドの動きを止めることができますので、トレモロユニット内でのボールエンドのズレがチューニングに影響を及ぼしているかどうかはわかります。フェンダージャパンが以前にトレモロユニットのボールエンド部分をロックさせる仕組みのユニットを作っていましたので、そういうトレモロを使えば原因を突き止めやすいのではないかと思います。

とはいえ、いま使っているトレモロユニットでそのようなロックシステムを作るのは困難なことですので、結局のところトレモロユニット内でのボールエンドのズレがチューニングに影響を与えているのかどうかを証明することはできません。しかし、上に書いたような理屈で考える限りにおいては、弦を変えたことによってチューニングが狂わなくなった理由はボールエンド部分しか考えられないんです。

なので、もしシンクロトレモロを使っておられる方で、ペグやナットを工夫してもどうしてもチューニングが狂ってしかたがないと悩んでおられる方がおられましたら、ぜひいままでと違う弦を使ってギターのトレモロユニットと相性の良いボールエンドを持った弦を探してみてはいかがかと思います。

ただ、トレモロユニットと相性の良いボールエンドを探す、というのもばくちみたいなものですから、できればボールエンド部分で弦をロックできるような仕組みを持ったトレモロユニットを作ってほしいですね。

関連記事
エレキギター