FC2ブログ


バンドで音を出す機会がありましたので、バンドの中での大きな音を出して今使っている禅駆動とT-TOPのサウンドチェックを行ってきました。

ZEN2015-0066.jpg
まずピックアップのT-TOPのほうですが、こちらはダンカン59とそれほど大きく変わるところはない気がしますね。もちろんT-TOPのほうが多少音が太く、ミッドとローが強くなっているように感じますが、そうはいってもローパワーのピックアップですから大体似たようなサウンドではあります。59のようにシャキシャキしすぎていないところはクリーントーンで鳴らすときにはいい感じですね。

こちらはもうしばらくこれを使っていってみましょう。あとフロントポジション用のダンカンのJAZZをリアに付けるといい音がするという話をちょくちょく聞きますので、一度試してみようかなと思っています。

そして次はオーバードライブペダルの禅駆動ですが、やはり家でギター単体で音出ししているときとちょっと違うものですね。家で弾いているセッティングのままでバンドの中で鳴らしますと、全然音が通りませんね。結局バンドの中で通る音にしようとすると、ハイを抑えてミッドを強めにするセッティングにしなければダメですね。もちろんこれはロック系に限った話かもしれませんが。

そういう意味では、やはりTS系のランドグラフはよく通る音でしたね。禅駆動でもTSっぽくハイを落として、プリアンプのイコライジングもミッドを強調するような音作りにしますとソロのサウンドも通るようになりますね。「結局そうなのかー!」とTS系ペダルの音通りの良さを再認識させられたところですね。

ふうむ、やはり音作りはなかなか難しいものですね。ギター単体で鳴らしたときに良い音がすると思っても、バンドの中で鳴らしてみるとただ単にうるさくて通りの悪い音になっちゃうことが少なくないですからね。やっぱりブースターはランドグラフかなぁ。なんといっても手っ取り早くいい音が出るもんなぁ。

結局自宅に帰ってオーバードライブペダルはランドグラフに戻してしまいました(笑)。まあここは音のレンジの広さが云々とか、トーンのフラットさがどうこうとか、もうそんなことは関係なく、単純に「バンドの中で鳴らしてよい音がするかどうか」が選択のポイントですね。ギター単体で鳴らしたサウンドがどうか、に下手にこだわりますとサウンドメイクはうまくいかないものですね。

なるほど、なかなか奥が深い、という表現は私はあまり好きじゃないんですが、なかなか思うようには行かないものですね(笑)。まあでも今までのライブではランドグラフでかなり満足いく音が出てましたからランドグラフがやはり良いのではないでしょうか。それならばオリジナルのTSはどうなのよ、という気もしてくるんですが、まあそのトライはまたいつかやってみましょうか・・?でもあまり無駄金を使うのもどうかと思いますね(笑)。

で、ピックアップに話は戻りますが、こちらは当面T-TOPでいってみますかね。これといった問題もないし、好みのトーンも出ますし。近々ライブがありますので、そこで鳴らしてみてピックアップに関してはまた考えてみたいと思っています。

ピックアップにしても、オーバードライブにしても、どこで結局問題が出るかといえば、1弦のハイフレットの単音なんです。これが薄っぺらくて伸びのない音だとダメ。逆にそれなりの太さがあって伸びやかな音がすればいいんです。歪みを強くすればそこは改善されることが多いのですが、ただそうするとローフレットでコードを弾いた時の音がグシャグシャになってノイズだらけになってしまうので、このバランスがうまく取れないとダメなんです。

うーん、それにしても禅駆動、私の機材やプレイスタイルにはやはり合わないのかも知れませんね。ラリーカールトンなどはとても気に入っているようですが、残念ながら私にはそのサウンドの良さや設定のツボがわからないです。もちろんやっている音楽のジャンルにもよると思いますので、ハードめなロックとオシャレなクロスオーバーでは求められるギタートーンは違ってしかたないのではないかと思いますが。

というより、私は単純に禅駆動の歪みサウンドより、もっとスムースなTS系やランドグラフのTS系モードのサウンドのほうが好きなんだと思います。これは好みだからどうしようもないですよね。エフェクターだけで歪みを作る場合でも、私はランドグラフのサウンドのほうが好きですしね。クロスオーバーやフュージョンを演奏する機会が将来あるとしても、きっと私は禅駆動は使わずランドグラフを使うでしょうね。正直皆さんが禅駆動を絶賛する理由があんまり(というか、全然)わからないし、まあ、残念ですけど禅駆動は今後も使うことはなさそうな気がしますね。

本当に歪みサウンドは昔から難しいと思いますね。もちろんアンプで歪ませてしまえばそのあたりの問題はほぼクリアされるのですが、最近のハイゲインアンプでなければアンプ単体の歪みサウンドはどこか物足りないはず。その物足りなさを補うためにみんなブースターやオーバードライブペダルを使っているんですよね。で、ハイゲインアンプのサウンドも、なんか迫力はあるんですけど歪みすぎててのっぺりしてて、これはこれでどうなのよ、って思うこともありますしね。

ギターとエフェクターとアンプをつないで、パッと鳴らして「お!カッコいい!」という音は比較的簡単に出ます。でもその「カッコいい音」がバンドの中でも埋もれないで通る音として聞こえるかどうかは別の話。通らない音だとバンドの中で音を大きくせざるを得ないので、ギターの音がどんどん大きくなってタダうるさいだけのバンドサウンドになってしまいます。

まあ私の場合は以前のようにランドグラフをTSモードに設定してブースターとして使いましょうかね。もちろん、他にもよいブースターがないかこれからも試していきたいとは思っています。


<追記>
しばらく弾いていますと、リアのT-TOPはいい感じですね。やはり59よりミッドとローが少し強めなので、トーンのバランスがいいと思います。特にクリーントーンでフロントからリアに替えた時に、59だと「なんだこれ?」と言いたくなるくらいトーンがシャキシャキに軽くなるんですが、T-TOPならそれはあまり感じません。

歪ませたときのバイト感も普通にありますのでいいと思いますね。私の好きな70年代後半~80年代の骨太のサウンド、という感じです。

ランドグラフのほうはやっぱりいい音します。ただ問題は、5-6弦のハイフレットを弾いたときに音がブーミーでつぶれてしまうこと。特にフロントピックアップで弾いているとそれが顕著です。アンプとの相性なのかもしれませんが、音通りが悪くなってしまうので、フロントピックアップのロー側を少し弦から離してセッティングして様子を見ています。

関連記事
エレキギター