FC2ブログ


昨日はMXRのアナログコーラスに近年にないコーフンを憶えてしまいましたが、冷静に振り返ってみればハイとローのトーンコントロールがついているペダルがあることを思い出しました。

ce_5_D_gal.jpg
そうです、BOSSのコーラスアンサンブルCE-5ですね。こちらにもハイとローのトーンコントロールが付いていますね、そういえば(笑)。しかしCH-1の音があまりに悪く、にもかかわらずネットではそのCH-1のほうがCE-5よりも良いように書いてあることがほとんどで、CE-5の評判はかなり散々です。そのせいで、私の頭からCE-5はすっかり無視されていましたし、ネットでも中古品はほとんど叩き売りに近い状態です(笑)。

でもそこは私もあまりネットでの評判は気にせず、あくまで参考程度にしかしない人間なので、安いのならとりあえずこのCE-5も試してみてから最終的な結論を出せばいいじゃないかと思ったわけです。

はっきり言って、トーンコントロールを使うことで例の空を飛ぶような不快な雑音を消すことができるのならそれで全く問題ないんです。それができなければCE-5は使えないし、できるのならOKというだけのことです。それにMXRには接続するだけで音が小さくなるという欠点がありますので、もしCE-5が音が小さくならないのならCE-5のほうがいい、ということになります。

それにフットスイッチはやっぱりボスのスイッチは踏みやすいですしね。その分少し重量はありますけれども(笑)。

まあ、ものは試しといいますから、それほど高くないペダルなんで近日中に試してみようかと思っています。ボスのコーラスペダルに最後のチャンスを上げてみようと思います(笑)。これがコーラスペダルの事実上の決勝戦ですかね、そして勝った方がペダルボードに常設されることになります。

関連記事
ギターエフェクター