FC2ブログ


先日BOSSのCE-2wを購入したこともあってコーラスを使ってギターを弾くことが多いのですが、そのサンプルとして昔のヴァンヘイレンの1984アルバムに入っている「ドロップ・デッド・レッグス」という曲を弾いています。

51G2nV-D1yL.jpg
最近のエディのインタビューでも、最近のライブで使うエフェクターに関する質問でこの曲を演奏するときはコーラスとオクタ-バーを使う、と話しているようです。



確かに音源を聴いていてもコーラスがかかっているように聞こえるんですが、ギターの原音は揺れておらず、かすかに遅れて聞こえてくるギターサウンドが揺れていますので、これはコーラスと言うよりモジュレーションディレイのように思います。試しに私が持っているBOSSのDD-7にモジュレーションディレイモードがありますので、これをショートディレイでかけて弾いてみますと、かなりそっくりな感じになります。

もちろんコーラスでもいいとは思うのですが、モジュレーションディレイのほうが揺れ方が違うのと、ギターの元音が残るので音が太くて、さりげなくモジュレーションをかけることができます。

エディのギターサウンドって、アルバムでは結構モジュレーション、ピッチシフター系のエフェクターが隠し味的にかかっているんですよね。実はそうやって鳴らしてみると、もしかして1984のアルバムの全曲でモジュレーションディレイがかかっているのではないかと思えてくるくらいです(実際にそうかも知れません)。

この曲ももう30年以上も聴いてきているのに、真面目にバッキングのコピーをしてみようと思い立ったのは先週(笑)。ギターのフレーズのバリエーションを増やしていくには、基礎練習を行うことの他に、他人のいろんなフレーズを弾いてみるのがとても効果的です。

エディは昔からなじみがあるギタリストですし、コピーしがいのあるギタリストなのですが、彼の演奏は半音下げのことが多いので面倒くさいんですよね(笑)。その点レギュラーチューニングのこの曲はコピーしやすくて助かります。1984アルバムにはレギュラーチューニングの曲が何曲かあるのでコピーするのに助かります。

本当はこういった話も、昔やってたみたいに動画でネットにアップすればわかりやすくていいと思うんですけど、前はPOD XTやAmplifiを使っていたのでライン録りが簡単にできたのですが、いまの私のギターシステムだとライン録音できないんです・・。まずキャビネットシミュレーターを買わないといい音で録音できないんですが、キャビネットシミュレーターがまた高い・・(笑)。

POD XTってキャビネットシミュレーターだけ使うことってできるのかな??やったことないんですけど、一度やってみましょうか・・。そうすればもう少しこういったエフェクターやピックアップの話もお伝えやすくなるかも。

関連記事
ギターエフェクター