FC2ブログ


頼んでいたBOSSのコーラスペダルCE-2wが届きました。早速ペダルボードに入れてテストしてみます。

P_20170908_195115.jpg
P_20170908_195130.jpg

メイドインジャパンをしっかりと強調していますね。

P_20170908_195140.jpg

スーパーコーラスCH-1と比べてみます。色がCE-2wのほうがさわやかな水色ですね。

P_20170908_200651.jpg

肝心のサウンドですが、まあ、しょせん同じBOSSのコーラスペダルだからそんなに変わりません・・・、と書くんだろうなと弾くまでは思っていましたが、全然違いましたね(笑)。CH-1とCE-2wを「同じコーラスペダル」として比べちゃいけませんね、それくらい違います(笑)。

CH-1が私を大いに悩ませていたオーバードライブサウンドにおける空気感の濁り、これは全くないですね。これですよ、これ。これだけでコーラスペダルを替える価値がありますね。そしてコーラスのかかり具合も美しいです。私はオリジナルのCE-2やCE-1を使ったことがないので、このCE-2wがオリジナルの再現品なのかどうかはよくわかりません。

ただ、使っていて二つ気になることが。一つはコーラスをオンにすると音量が少し上がること。CE-2モードでもCE-1モードでもどちらでも音量は上がりますが、CE-1モードのほうが音量の上がり方は大きい気がします。

そしてもう一つは原音とエフェクト音のバランスを変えることができないこと。なので薄いコーラスを強くブレンドするとか、強いコーラスを少し混ぜる、とかそういう器用なことができません。

一つめに関してはバンドの中で演奏する際には少し困るかもしれませんね。まあコーラスをかけると音が少し引っ込み気味になりますので、逆にこうやって少し音が大きくなるほうが実際にはちょうどいいのかもしれませんが。それはバンドで鳴らしてみないとわかりませんね。

それと二つ目のほうは、これは慣れるしかないですかね。なんといってもフェイズ90はつまみが一つですからね(笑) それと比べればつまみが二つ付いているぶんだけCE-2wのほうがマシかもしれません(笑)。

肝心の音に関しては、いい音だと思いますね。もちろんもっともっとほかのコーラスと比べる必要がある気もしていますが、とりあえずCH-1と比べると雲泥の差(笑)。コーラスのくせに音圧がある音だし、少なくともCE-2wのほうはずっと弾いていられるコーラスサウンドであることは間違いありません。そういう意味では「いい音」ですね、やはり。値段だけのことはあります。

とりあえず初日の感想としてはそんなとこでしょうか。「凄い!最高のコーラスペダル!」と大絶賛するほど素晴らしいとまでは思いませんでしたが、昔ながらの良いトーンを持った良いコーラスペダルだということはわかりました。二つのモードに関していえば、さりげなくキレイにかかるCE-2モードと、フランジャーチックにしっかりかかるCE-1モード、という違いがありますね。ビブラートモードに関しては、あんまり興味ないので試してないです(笑)。

もうすこし弾き込んでいろんなセッティングをテストしていきたいと思ってます。とりあえずCH-1はお払い箱、こんなもの話にならん、クズと言ってもよいほどの代物です(笑)。

<追記>
このコーラスを使って高中正義のフレーズを弾いていますと、まんまですね!気持ちいいい!

私はCE-2モードで、レートは12時くらい、デプスは2時くらいにしていますが、昔の高中サウンドはこれくらいの設定がイイ感じです。CH-1は冷たいトーンでしたが、CE-2wはふくよかで温かいトーン。本当に弾いてて気持ちいいです。これはやっぱりいいコーラスかも知れませんね。

関連記事
ギターエフェクター