ここのところ、何かに取り憑かれたように探し回っていたコーラスペダルですが、結局えいやっとBOSSの技なんチャラのCE-2Wを買ってしまいました・・・。

01_BOSS-thumb-800xauto-12355.jpg
いいのか悪いのか、私が希望する歪みサウンドを邪魔しないコーラスなのか、そのあたりはわかりません。最近の私は全てそうなのですが、ギター本体でもエフェクターでもピックアップでも、テストしないで買いますので全ては届いてからのお楽しみです。

このペダルについても、ネットでさんざん調べました。でも結局これが私の希望に叶うものであるかどうかはわかりませんでした。でも、コンパクトのサイズで、希望に添いそうなコーラスはこれかプロビデンスの製品くらい。プロビデンスのコーラスもデザインが好みで良さそうで迷ったのですが、今回はとりあえず定番のBOSSをチョイス。

LINE6のCE-2のモデリングサウンドが私の理想のコーラスサウンドなので、それもあってCE-2Wを選んでみましたが、もし使ってダメだったら速攻でオークションで売り払います(笑)。最近、手元に使わないエフェクターがたまってきたので、使わないものはボチボチ処分しようかと思っています。

良し悪しは、もうペダルボードに接続してオーバードライブサウンドでソロを弾いてみればすぐわかりますからね。いま使っているCH-1は買ってすぐにソロのフレーズを弾いた瞬間に「あれ?これダメ、違う。もしかして壊れてる?」と思ったくらいですからね。なのでCE-2Wもそうやって弾いてみればすぐわかるはず。

もう空気が濁るような、あのCH-1の違和感、本当にイヤです(笑)。みんな気にならないのかなぁ、それとも歪んだトーンの後ろでコーラスをかけることなんてないのかなぁ。あるいはソロでコーラスをかけたりしないんだろうか?これだけ音が濁れば誰だってすぐに違和感を感じるはずなのに、不思議。正直言って、ライブであんな濁ったソロトーンを聴かされたら、客席にいるお客さんでもトーンの汚さに気がつくんじゃないかと思うんですよね。それくらい汚い音。

そういう違和感がCE-2Wなら消えるのかどうか、そこですね。私の遠い記憶をたどれば、以前使っていたCE-3はその違和感があったような気がします(笑)。だからCE-3はネットで多数売られていましたが、今回は全てスルー(笑)。

名器と呼ばれるCE-1とCE-2を一つに収めたのがCE-2Wらしいので、手元に置いてそのサウンドをじっくりテストするのも今回の購入の目的です。こういったものを選ぶ場合には、まずとりあえずベストなものから試してみて、ダメなら他のプロビデンスとか次の候補を試していくのが良いですね。2番目、3番目の候補から試していくと、結局「もしかして一番目の候補のほうがやっぱりいいんじゃないの?」という気持ちが払拭できませんからね。

というわけで、コーラスペダルとしてボスのCE-2Wを購入しました。音のほうは実際に手元に届いてからまたレビューを書きます。いまの私のサウンドシステムで唯一気に入らないのがコーラス。LINE6のAmplifi内蔵のコンパクトコーラスモデリングのサウンドはアンプの横でギターを弾いていて何時間でも弾いていられそうなくらいステキな音だったんですが、スーパーコーラスはその逆(笑)。

良いエフェクター(アンプ、プリアンプも)はそれ単体で弾いていても飽きないほど弾いていられるものです。幸い私が持っている機材は全部そう自分が思えるものばかりで、コンプレッサーもそうだし、ワウも、オーバードライブもフェイザーもプリアンプもディレイも、いずれも単体で使っても飽きないサウンドを持っています。だから自分が妥協する必要なく、ずっと好きで使っていられるんですよね。

長く弾いていて飽きる機材って、やっぱり何か音に問題があるんですよね。私にとってはMXRのダイナコンプはノイズが酷いのとコンプがかかりすぎることが気になり、AMTのP2プリアンプは歪みをコントロールできないほど歪んでいることが、そしてスーパーコーラスは暖かみがないことと歪みサウンドに濁った空気感を与えるところがダメです。

コーラスなんて、ギターを弾いていて一番うっとりできるエフェクターであるはずなのに、スーパーコーラスは全くうっとりできません。なんででしょ?これに関しては自分自身でも選択ミスだと思いましたし、ネットでの皆さんの評判が必ずしも自分の好みとは合致しない部分だな、と痛感したところでもあります。やはりギター機材に関しては、他人の評判が悪くても自分が良いと思えばそれが一番だと思いますね。

私が使っている機材でも、ナインボルトペダルスのホームランキングコンプなんて、ネットでもほとんどレビューを見かけませんけど、良いコンプですよ、これは本当に。これだけかかり具合を自然にしかもいろいろコントロールできるコンプがお手軽価格で買えるなんて最高です。AMTのプリアンプだって、特殊な製品だからかあまりみんなが使うものではないし、レビューもまちまちですけど、私には良いですね。これ単体でクランチチャンネルでドライブを10時くらいにして鳴らしてやるとツインリバーブのような歪み具合でこれだけでずっとギターが弾けます。ボリュームで歪み具合をコントロールするのも楽しくて気持ちいいですしね。しかもライブででかい音で鳴らせば、音圧のある良い音を出してくれますしね。

やっぱりギター機材って、ギター本体もエフェクター、アンプも、結局は自分が使ってて「気持ちいい」と思えるかどうかが大事だと思いますね。いまの私はそういう機材に囲まれているので本当に幸せにギターを弾けます。ギター本体のネックの握り具合、指板のアールに始まって、ピックアップ、トーン、エフェクター、アンプ、全てが気持ちよい音を出すために必要だと思います。

私自身はあまり細かくこだわるつもりはないんですが、長くギターを弾いていて気持ちいいと思えればそれでオッケー、思えなければ替える、ということですね。でもこだわってはいませんが、そこには妥協することもないですね、なぜならギターサウンドに関しては気持ちよいサウンドの正解は一つではないので、予想と違う音が出てきてもそれが自分にとって気持ちよければそれもオッケーだからです。

ところで、なんか最近は、手元に既に持っているペダルの「いいバージョン」に買換えるパターンが続いていますね(笑)。先日もフェイズ90を現行品からビンテージ復刻版に買換えたばかりですしね。でもこれは正解でしたので、今回のCH-1→CE-2Wへのコーラス買換えもよい方に作用してくれると嬉しいですね。

関連記事
ギターエフェクター