FC2ブログ


ここ数日プリアンプの前につなぐオーバードライヴなどを入れ替えながら試していたところですが、当面これで様子を見ることにしてみました。

オーバードライブは、ランドグラフの魅力も相当捨てがたいのですが、とりあえず禅駆動をチョイスしました。この選択は気分によって変わる可能性が大いにありますね(笑)。

P_20170901_235457.jpg
ランドグラフにはランドグラフの良いところが、そして禅駆動には禅駆動の良いところがあります。ハードロックサウンドに限って比べるならば、ランドグラフのTSモードのスムースな単音はとてもセクシーです。しかしローが薄く、ハイのエッジがないところが少し残念なところ。禅駆動はほぼその逆の特徴を持っています。

ただ、いまの私は禅駆動の音圧の高さとエッジの効いたハイとロー、そしてトーンを調整すれば結構ソロでもセクシーなトーンを出してくれるので、すこしの間禅駆動をアンプのドライバーとして使い込んでいこうかなと思っています。

最近AMTのプリアンプをよりいい感じにオーバードライブさせる方法はないものかと試しているところなのですが、すこしクリーンブースターなるものにも興味を持ってみました。私自身クリーンブースターを使ったことはないのですが、いろいろとネットで調べていましたら、厳密には違うんでしょうけれども、マスター付きのイコライザーみたいなもんだろうな、と想像しました。

で、疑似クリーンブースター体験としてグライコをプリアンプの前につないでやってみたのですが、どうもこのプリアンプの場合には、アンプの前段階でクリーンなサウンドのトーンを少し調整して音量をアップすることでアンプをドライブさせる、というやり方はあまりいいサウンドにならないように感じました。このアンプには、オーバードライブのようにペダル自身が音をドライブさせているもののほうが相性が良いようです。

ということで、クリーンブースターでドライブさせることはアイデアから取り消して、ランドグラフでドライブするか、禅駆動でドライブするか、という選択になったわけです。でも今思いつきましたが、ディストーションペダルでドライブさせる方法もありかも知れませんね。RATでアンプをドライブさせるのはそういうやり方ですし、禅駆動のほうが良いと思うところもディストーションのようにエッジが効いたサウンドだから、というのもありますので、ちょっといつか試してみようかと思います。

それにしても禅駆動、LEDが明るすぎます(笑)。明るいほうが見やすいといっても、物には限度があります(笑)。禅駆動のLED明るすぎて、目を直撃するとクラっとするくらいです。明るすぎるおかげで、LEDの両脇にあるドライブとレベルつまみの目盛りが見えません。完全に逆効果ですね(笑)。

あと変わったところは先日改造したヴィンテージ復刻版のフェイズ90ですね。これは本当にフェイズがイイ感じになりました。まだまだこのペダルボードもオーバードライブ/ディストーションやコーラスあたりでさらに良い音を求めて入れ替えがあるかもしれませんね。いろいろとトライしてより良い音が出るようにやってみたいと思います。

こうやっていろいろやるのも面白いものです。

関連記事
ギターエフェクター