FC2ブログ


昨日自分のギターにセイモアダンカンのSH-2JAZZをつけてからふと考えていました。いままでオールドレスポールに取り付けられているオールドPAFが最高のピックアップだと思い込んでたところがあって、そういうサウンドがするピックアップが一番いいものだと思っていたけど、本当にそうなんだろうか?と。

gibson-paf.jpg
私の場合はエディが昔から「ピックアップはオールドPAFが一番」と言っていたのと、その他の有名ギタリストたちの中にもオールドPAFやそのマグネットを絶賛する人がいたり、オールドレスポールのサウンドを絶賛するプロギタリストがいたりしたので、いつの間にか「オールドPAF=最高の音がするピックアップ」という等式が頭の中に刷り込まれてしまっていました。

でも、そうは言いながらいつも疑問にも思っていたのです、「本当にオールドPAFやオールドレスポールっていい音してるか?」と。確かにエディのデビュー直後のサウンドは私にとって最高のギターサウンドのひとつなので、あの音がするのならオールドPAFはいい音がするピックアップだと思います。だから私もオールドPAFのサウンドを追い求めてきたところがあるわけですからね。

そしてダンカン59もリアピックアップとしては扱いやすくていい音がすると思います。だからオールドPAFってやっぱりいい音がするんだろうなぁ、と思ってきていたところはあります。でも、昨日自分のギターのフロントにJAZZを取り付けてみて、その音のよさや、そこから連想されるTバッカーのよさ、そして一方でアンティクイティの枯れすぎたサウンドに気がついたところで、ふと「オールドPAFって本当にいい音かぁ?」と思っちゃったんですよね。

オールドPAFの骨董としてのよさは、それは何よりも認めます。骨董だから高い、オールドレスポールも骨董だから高い、そういう理由なら何も異論ありません。100%同意します。

でも「サウンドがいいから」という理由であるなら、オールドPAFもオールドレスポールもいまひとつ同意できませんねぇ。「そりゃ、お前がオールドを弾いたことがないから分からないだけだ」とご批判を受けるとすれば、それも確かにその通りです。私はオールドレスポールやオールドPAFを弾いたことはありません。

でも、有名プロギタリストたちが弾いているオールドレスポールサウンドで私がいいなぁ、と思ったことがないんです、実は。ツェッペリンのギターサウンドは言うに及ばず、他の人が弾いていてもそれほどよいサウンドには思えないんですよね。なんかサスティンがなくて、ペンペンしたサウンドだし、ローカットフィルターで低音をばっさりそぎ落として中域だけ強調したような中途半端な鼻つまみサウンドだし。



なんかオールドレスポールといえば、判で押したようにこういうオーバードライブサウンドで、こういう渋いブルースっぽいフレーズばかり。こんなの、はっきり言えば、日本なら演歌や民謡ですやんか。そりゃ演歌や民謡の演奏者って超うまいですけど、だからといってロックにそのサウンドが役に立つのかといえば別の話ですものね。「いやー、この三味線、めちゃいい音してるわぁ」といっても、その三味線がロックで使えるサウンドか?といえば別の話ですからね。

ごめんなさい、このサウンドのギターでロック演奏しようと思いますか、そもそも。ロックを演奏してもいい音がするギターだと思いますか??私には思えないです、こんな中途半端なトーンでは。もっとひずみを強くすれば、さらに中域が強調されちゃいますしね。



こういうビデオもありますが、なんかやっぱり「貴重なオールドギターを弾いていることに価値がある」という感じにしか聞こえないですね。別にわざわざオールドレスポールでなくてもいいようなサウンドに思えますし、それにやっぱりなんか弦のサスティンがペンペンで、トーンも細いですね。それをカバーするために強いピッキングが必要なので、結果的にサウンドに強弱がついているような感じに思えます。しかもこのビデオでは強いディストーションサウンドの場合にはアンプの前にディレイを入れてサスティンをカバーしているような音作りもしていますしね。

もちろんこういうのは結果的には好みの問題なのですが、私の個人的な意見で言えば、別にオールドレスポールの音が取り立ててよい音であるとは思えないですね。以前TOTOの昔のライブビデオを見ていたときに、ルカサーがある曲でオールドレスポールを弾いていたのですが、そのときだけトーンに違和感を感じました。オールドレスポールのサウンドがTOTOのバンドサウンドと全然マッチしてないんです。

そのビデオ、これですね↓



このビデオを見て「なんでわざわざオールドレスポールを弾いてるんだろ?音もイマイチ合ってないのに。」と思いましたが、それは単純にルカサーがオールドレスポールをステージで弾きたかったから弾いただけなんでしょうね(笑)。まあようするに、自慢ですね(笑)。

ミュージシャンって、時として妙に理由のないオカルトなことを絶賛することがありますよね。冷静に考えてみれば、何故それを絶賛するのか理由がいまいちわかんないのに、みんなそろってそれを絶賛している、みたいなのが。で、最後は必ず「いや、素人には分からないかもしれないけど、耳が肥えた人にはそのよさが分かるんだよ。」というマジックフレーズで説明を終わらせてしまいます(笑)。

なんとなくオールドレスポールやオールドPAFもそんな感じがにわかにしてきました。私はオールドレスポールには端から興味を持っていませんでしたが、オールドPAFには興味を持っていました。もちろんハイパワーのピックアップよりはローパワーのピックアップのほうがトーンが豊かなので好きですから、そこは変わらないと思いますが、「オールドPAFに似ているから、近いから」という理由でピックアップを選ぶことは今後は減るかもしれませんね。

しばしば「オールドレスポールのサウンドはテレキャスターみたいな音がする」と評されることが多いですよね。実際オールドレスポールの演奏動画などを見ていてもそう感じますよね。で、それがまるで凄いこと、驚かれるべき話のように語られるのですが、よくよく考えてみれば「別にテレキャスターの音がほしいのなら、テレキャスターを弾けばいいじゃん」って思っちゃうんですよね(笑)。

正直言って、別にレスポールでテレキャスの音を出したいからオールドレスポールを使うわけじゃないでしょうし、テレキャスみたいな音を出すためにオールドPAFを求めているわけじゃないと思うんですよね。ストラトにハムバッカーを付けるような人はシングルの音がイヤだからハムバッカーを付けようとしているのに、なんでわざわざハムバッカーにシングルの音を求める必要があるのでしょうか?(笑)

いまの私はむしろ太い音がする70年代のTバッカーのほうが興味あるくらいですね(笑)。ちょっとTバッカーコレクターを目指して物色してみようかな。フロントリアともカバーつきのTバッカーを探してみたくなってきました。(笑)

関連記事
エレキギター