FC2ブログ


最近新品で数十万円するギターの広告をよく目にするようになりました。一昔前であればこんな高いギターの宣伝なんてほとんどなかったように思いますが、平気で100万円クラスのギターの宣伝がバンバン出てきます。

で、その中でもオーバー100万円するギターに多いのが、ギブソンのカスタムショップ製のレスポール。

RGR000004-4.jpg
素晴らしいトラ目のメイプルトップで、他にも厳選されたマホガニーなどの材を使っているそうです。そしてオールドギターを再現した塗装で、そういうレリックものの制作者として有名な職人が一本一本製作しているのだそうです。

そりゃもうギター好きならたまらないでしょうね、こんなギターを目の前にしたら。100万円という値段ですら、ホンモノのオールドレスポールがその10倍くらいすることを考えれば決して高くないかも知れません。

でも・・・、コレクションとして所有するのはアリかも知れませんが、私はお金があったとしてもこれを買う選択はたぶんしませんね・・。その理由は何度もこのブログに書いていますように、しょせんオールドギターのパチモノ商品だからです。フェンダーでもギブソンでも一緒ですが、なんで50年代60年代あたりのギターを再現するためにわざわざニセモノを作るのでしょうか?

もちろん世の中にはオールドギターが大好きな人がいて、その人たちはそういうオールドギターにいくらでもカネを注ぎ込んでも後悔しない人たちだから、そんなコレクターに向けてフェンダーやギブソンといった本家本元が作ったオールドギターと寸分違わないレプリカを買ってもらおうという意図があるんだと思います。

そりゃわかるんですけど、でも・・・、しょせん新品ですよね??新品を古そうに塗装したり、加工しただけですよね・・・?ニセモノですよね・・・・?しかもカスタムショップのレスポールなどは、重さを軽くするためか、あるいは鳴りをよくするためか、ボディの中に空洞をわざわざ作ったりもしています。それって、構造がホンモノのオールドとぜんぜん違うじゃないですか・・。

みなさん、そんなにオールドギターが好きなんですかね?そんな新品を古めかしく加工したモノなのに??材は新品なのにルックスはオールドというアンバランスなのに。

たしかに美しいし、風格ありますよ。それは認めます。でもなぜその「美しいギター」がオールドのレプリカである必要があるのでしょうか?別にオールドと同じ作り方で作った「新品」でもいいじゃないですか。それを自分で使い込んでいくうちに自分が風格あるギターに育てていけばいいじゃないですか。

でも、こういうギターをお買いになる方はそんな風にはお考えにならないんでしょうね。もっと手っ取り早くオールドと同じようなギターがほしい、という感じなんでしょうね。なんか美人でグラマーなら顔と全身を整形してても気にしない、っていう価値観に似てますね(笑)。本質やモノ自体はどうでもいい、ただ見た目と雰囲気がホンモノそっくりならそれでいい、そんな感覚なんでしょうか。

もし私がレスポールを買うのなら、レリック加工されていないモノがほしいですね。だってレリック加工されているモノなんて、どこかその辺にぶつけられていたとしたってわかりませんもんね、そもそもボロボロなんで(笑)。ピックアップだって古めかしく加工はされていますが、しょせん新品でPAFとは別のもの。

まあ私は少しくらい悪いところがあったとしても整形していない自然な顔が好きだし、おっぱいだって変なモノ入れて無理矢理大きくするより、小さくても自然なままのほうが好きなタイプ(なんのこっちゃ(笑))。なのでギターに関してもシャレで偽フェンダーを作ったことは確かにありますが、今はニセモノ・パチモノの類いはほとんど興味ないです。

やっぱり女性もギターも、ナチュラルなのが一番ですよ(笑)。もちろんカスタムショップのレスポールとかはすさまじく手間とコストをかけて作ったレプリカですから、タダのコピーモノとはひと味違います。女性に例えれば元々かなりの美人だった人が世界最高の美女を目指して大金をかけて絶対にわからないレベルの整形をしているようなモノでしょうか(笑)。

「そのレベルの整形ならいいじゃないか。最高じゃん」と言う方もおられるでしょうね、もちろん。そういう方はカスタムショップのレスポールをどうぞ(笑)。でも私は「いや、もともといいものを持っているにもかかわらず、それを大事にしないで整形をして他人からどう見られるか、ということだけを気にしている、その心持ちがイヤなんだよ。」と思うタイプですので、高いカネをかけて顔や体に手を加える人は好きじゃないですし、同様に高いお金をかけて新品のギターを古めかしく仕上げることも好きじゃありません。だって、結局ニセモノなんだもの。

オールドギターがほしければ、ホンモノを買えばいいじゃないですか。ホンモノが高すぎて買えないのなら、諦めるしかないんじゃないでしょうか。それをカスタムショップモノに60万円あたりからオーバー100万円という「高い値段」をワザと付けることで、メーカーや小売店は消費者に対してニセモノ・パチモノなのにさもオールド並の価値があるかのように思わせているところもイマイチ気に入りません。

なんか面白い商売ですね、レプリカものの市場って。そもそもオールドギターだけがギターとして優れているわけでも何でもないのに、なぜか判で押したように50年代60年代のレスポール、ストラト、テレキャスあたりのレプリカばかりが売られています。レプリカなんて、フェンダーやギブソンが作ろうがどうしようがしょせんレプリカにしか過ぎないのに。

「ホンモノのPAFサウンドを再現するピックアップはどれか?」論争と似てますよね(笑)。だってそう言っている人のほとんどがホンモノのオールドPAFを弾いたことがないのに、どれがホンモノか?だなんて言ってるわけですからね。「良い音がするからこっちが好き」とかならまだしも、「オールドPAFに似ているからこっちがいい」と知ったかぶりなコメントをするのはどうなんでしょうか??

ホンモノはホンモノ、ニセモノやレプリカは違うじゃないですか、やっぱり。そこはしっかりと線引きをしないとね。もちろん「カスタムショップのレスポールはレプリカに過ぎないけど、本当に楽器としていい音がして素晴らしいんだよ」と思って所有されておられるのなら、それは全く異存のないところです。

でもそれだけの耳をお持ちなのなら、レプリカ以外の選択はなかったのでしょうか?と思うところはやはりあるといえばあるんですが、そのあたりは本当に個人の価値観の違いになってきますから、そこはお好みで、としか言えませんよね(笑)。

関連記事
エレキギター