前回のブログに書きましたようにペダルボードは一応完成しているわけなのですが、以前からどうしても気になってしかたがないことがあるもんですから、それをボードに組み込んでバンドでテストしてみることにしました。

P_20170717_124317.jpg
それは、禅駆動ですね。あれだけ世間の評判がよいにもかかわらず、いままで私にはどうしてもベストなオーバードライブだと思えませんでした。ランドグラフのほうがスムースだし、セクシーなトーンが鳴るし、単体でも使いやすいし、言うことなしだったからです。

まあでも、もしかしたら大きな音で鳴らしていないから禅駆動の魅力に気づいていないかも知れないので、最後に一度だけチャンスを上げてバンド練習に使ってみようと思ったのです。

禅駆動を完全に切り捨てられない理由は以下の通りですかね。ひとつは、やはりプロ・アマで高く評価する人が多いこと。そしてもう一つは禅駆動を使うと音が前に出てくるように感じられるので、バンドの中でもその効果があるかも知れないところ。さらにもう一つは、他のオーバードライブと比べてハイとローが素直に出るところですかね。ただ、ここは余分なローはむしろ鳴らないほうがバンドの中ではよいこともありますのでなんとも言えないところですが。

まあそもそも禅駆動をハードロックに使う人はあまりいないでしょうね(笑)。単体の歪みだけ聞いていますと、とてもロックに向いたサウンドではありません。ただチューブスクリーマーも単体ではとても使えませんが、アンプの前に置くことによって素晴らしいトーンを鳴らしてくれるマジックを起こしてくれますから、禅駆動にもそのチャンスを与えたわけです。

家で小さな音で弾いている限りでは、アンプで歪ませたサウンドはやはりハイとローのエッジが立ったサウンドに聞こえますね。パッと聞くとスゴくパワフルでキレイなサウンドに聞こえるのですが、なんか歪みが荒く、最近のハイゲインアンプのようなトーンにも聞こえます。

なんか×ではないけど、○でもない、という感じ(笑)。こういうトーンはバンドの中で浮くか、埋没してしまうかのいずれかのような気がしますからね。バンドアンサンブルにおいてはそれに合った音、っていうものがありますからね。必ずしもギター単体を鳴らしてアンプから出てくる音が良ければいい、というものでもありません。

ただ、音が大きく聞こえる、というポイントは結構大事なんじゃないかなぁ、とも思うんですよね。なのでやはり一度きちんとバンドの中でどういう音がするのか確認したいと思うんですよね。それがダメでも別に困りませんしね、私にはランドグラフがありますから。

ランドグラフのモードだってそうなんですよ。単体で鳴らしているとマーシャルモードでも結構いい音がするんですが(禅駆動を使っているときと同じように)、いざバンドの中でソロを弾くとイマイチ音が前に出ません。やっぱりTSモードのほうがうまくソロのサウンドを前に出してくれるんですよね。

だから一人でギターアンプの前で鳴らしているサウンドと、バンドの中で聞こえる音ってやっぱり違うんですよね。そういう点で禅駆動がイマイチだと思う点でもあり、逆に「もしかして化けるかも?」と思うところでもあるわけです。まあちょっと一度きちんとバンドの中でテストをして結論を出すことにしましょうかね。

<追記>
大変ヘタレな結論で申し訳ないのですが、ランドグラフの代わりに禅駆動をボードに入れて2-3日弾いていましたが、もう飽きました(笑)。小さい音で弾いていますから本当のところはもちろんよくわからないのですが、どうしても禅駆動の荒い歪みというか、硬い歪みというか、冷たい金属のような歪みというか、そういうところがどうしても好きになれません。音を例えますと、BOSSのDS-1を弾いているような感じ。

出てくる音の音域の関係なんでしょうか、フェイズ90との相性はとてもよかったです。でもそれだけ・・。なんにしても音に色気がありません。色気を出そうと少し歪みを上げるとヘビメタのハイゲインアンプみたいな無表情でザラついた歪みになり、それではとゲインやレベルを下げるとサスティンが足りなくて、やはり色気が出ない・・。

コンプを使ってアンプをクリーントーンにしてみてもやはり色気は出なくて、ただ太くて荒い音が出てくるだけ。まったくどうしたらいいんでしょうね、このペダルは(笑)。どうにもトーンが硬くて荒くて、やっぱりダメです。ダンブルサウンドが売りのペダルですが、申し訳ない、ダンブルトーンもランドグラフのダンブルモード+コンプのほうがよほどカールトンサウンドに近くて、色気があります。

そして歪みの強いオーバードライブサウンドは、もちろんランドグラフの敵ではありません。サウンドにコンプレッションがなさすぎるんでしょうね。このペダルはそのコンプレッションのなさが売りだと思いますし、好きで使っておられる方はそこが良いのでしょうが、私にはそのコンプレッションのなさが致命的です。

コンプレッションがないのに、ダンブルサウンドでもランドグラフに劣る・・。ランドグラフに勝っているところは音の太さと押し出し感(というか音の通りのよさ)でしょうか。ですが、私にはそのどちらもどーでもいい感じ(笑)。別にハイゲインアンプでヘビメタやるわけじゃないんで、そんな太い音や音の押し出しよりも、もっとセクシーな音を出してよ、というのが私が禅駆動に言いたいこと。こういうサウンド、私が一番好きじゃない「無表情なサウンド」なんですよね。何を弾いても同じ音、どう弾いても同じ音。つまんないです。

本当に残念です。スタジオやライブでテストされるまでもなく、自宅でのテストでボツになってしまいました(笑)。ダンブルサウンドでもランドグラフに負けるとなると、いったいこのペダルはどんな場面で使えるのでしょうか・・?私には想像できません・・。

でもいつか彼の魅力に気づくときが来るかもしれませんので、またその時までゆっくりお休みください(笑)。

関連記事
ギターエフェクター