最近カバー付きのハムバッカーがついたストラトばかり弾いているんですが、本当にいい音がするんですよね、フロントもリアも。で、ふと思ったんです、「もしかしてハムバッカーってみんなカバーを外して使っているけど、カバー付きのほうがよいのでは?」と。

mechanism_p02_03.jpg
だってそもそもはカバーがついているものですものね、ハムバッカーって。カバーがついているもののほうがノイズも少ないですしね、もちろん微妙に、ですが。とりあえず、カバーがついているハムバッカーが本来の姿であって、本来のサウンドがすると思うんですよね。

ギタリストの中には50年代あたりのオールドのレスポールのサウンドを目指しておられる方が決して少なくないのですが、それを目指すのなら絶対的にピックアップにカバーを付けるべきだと思いますね。私も上手く言葉で表現することはできませんが、とにかくオープンとカバードではやっぱり音が変わるんですよ。単純に言っても、ピックアップの上側にカバーが付けられるだけで弦とピックアップボビンとの距離は絶対に遠くなるし、もっと言えばアジャスタブルポールピースがついてないほうのボビンはカバーの中に隠れちゃいますから、そのボビンが拾う音はオープンとは絶対に変わるはずですからね。

だから50年代の古いレスポールのサウンドを良いサウンドだと思っておられる方がいれば、それはまずカバードのピックアップを使うべきですね。そればPAFタイプのピックアップなら、かなりオリジナルのサウンドが再現できるのではないでしょうか。

私自身は別にオールドのレスポールのサウンドを狙っているわけではありませんが、カバーを付けたPAFタイプのピックアップをフロントとリアに取り付けると、とにかくいい音がするんです。なぜか理由はわかりませんが、オープンと比べて少しサウンドがまろやかになって、コントロールがしやすくなる気がするんです。

もしかすると先ほど書きましたように、カバーを付けますとどうしても弦とボビンの距離が離れますから、それによってトーンが豊かになるのかも知れません。ピックアップは弦に近づけすぎるとニュアンスが乏しくなり、少し離すとニュアンスが豊かになりますからね。

まあ、ルックス的にカバードはイヤだ、という方は正直多いと思います。ハードロック、ヘヴィメタル系でカバードのハムバッキングを使っているプレーヤーってあんまりいませんからね。でもハムバッキングを使っておられる方は一度騙されたと思ってカバードのピックアップを使ってみてください。特にヴィンテージタイプのハムバッキングが好みの方はやってみてください。

地を這うような重くてヘヴィなローボトムが欲しい方には合わないと思いますが、それ以外のプレーヤーにとってはカバーを付けたヴィンテージタイプのピックアップでほとんどどんなジャンルの音楽でも演奏できますから。ジャズはもちろんですが、カバーを付けることで少しノイズが減るので結構思い切り歪ませてもノイズが強くならないで良い感じのロングトーンが出るんですよ。

前にも書きましたけれども、ハイパワーのピックアップになればなるほどサウンドは平坦に、ニュアンスは乏しくなっていっちゃいますからね。そもそもハイパワーのピックアップってアンプを歪ませるために作られたものですが、今どきのアンプやエフェクターを使うのならそんな歪ませるためのハイパワーピックアップって特に必要ないですからね。

だから個人的にはローパワーのピックアップを使ってサウンド作りするほうが何かと都合がよいと思うんですよね。いろんな音が作れるといいますか。ある特定のレンジが強いピックアップを使っちゃいますと、どうやってもそのレンジのサウンドが強くなってしまうんですが、バランスよくトーンを出力してくれるピックアップならその後の調整がやりやすいですからね。

なので、ルックス的に許せるよ、という方はぜひカバー付きのハムバッキングを使ってみていただいてはどうかと思いますね。きっとご自分が想像していた以上にニュアンス豊かなギターになると思いますよ。

ハムバッキングがこの世に出てから50年くらい経つわけですが、ある時期からカバーを取って使うということが当たり前のようになってしまいました。でも再びオリジナルと同じようにカバーを付けて使うことが当たり前になる時代が戻ってくるかも知れませんね。実際に自分で使ってみて、カバー付きハムバッカーには思っていた以上の魅力があるんじゃないかと感じていますね。

関連記事
ピックアップ