カバードの2Hにしてからとてもサウンドが気に入って弾いているシンクロ付きストラトですが、やっぱり何度見てもフロントのアンティクイティの古くさいカバー(世間ではレリックと言われて喜ばれています)が気に入りません。正直ダサダサで、カバーを替えたい気持ちが強くなってきました(笑)。

1442_1_expand.jpg
で、今日ネットでポチッと買ってしまいました(笑)。見ていて耐えられませんわ、あんなダサいピックアップの組み合わせなんか(大げさか)。レリック加工されたピックアップカバーって白く見えて輝きもないので、やたらでかく見えるんですよね。リアが新品のカバーだけに余計カッコ悪いんですよね。黒光りして見えるようなピカピカのカバーのほうが私には断然格好いいですね。

手元に届いたら早速交換作業をしましょうかね。ダンカンのアンティクイティはレリック加工されたカバーも魅力の一つなんでしょうけど、私には不要(笑)。何が嬉しくて古くもないのにワザと古くさく加工したピックアップをギターに付けなきゃいけないんだか、ホントに。

本当に古いピックアップを付けるのならまだしも、全くの新品なのにボロボロのきったないカバーがついたピックアップなんかどうしろって言うのでしょう?(笑) だって私は古いギブソンを使っているわけでもないですしねぇ。古く見えるピックアップをギターに付ける必要が全くないんだもの。

ホンモノのPAFでもないのに、「古いPAF風」のピックアップを使う必要なんてゼロ。そんな見栄を張るつもりなんて私には全然ありません。というか、本当にカッコ悪いんですよ、ストラトにレリック加工したカバードハムバッカーを付けるのが(笑)。

ということで、文句をつらつらと書いてしまいましたが、フロントのアンティクイティのカバーは近々新しいものに交換されます。これでこのギターのルックスはさらによくなって、愛着が増すことでしょう(笑)。

関連記事
エレキギター