私が主に使っているギターはストラトモデルのものが二本なのですが、時々「これどこのギター?」と尋ねられたときに最近は答えに窮するようになってきましたね(笑)。

P_20170608_093811_2017060820111354d.jpg
P_20170504_130901.jpg

「ええっと、元々はトーカイ・・・」「こっちは、元々はフェルナンデス・・・」とかとりあえずは答えるんですが、よくよく考えれば元々のギターのパーツが残っているのは今やボディだけ(笑)。ギターの中で一番ボディが大きな部品だから確かにその答えは間違いではありませんが、しかし、現在のこれらのギターは共通して「ネックはワーモス製、ピックアップはダンカンやギブソンのヴィンテージタイプのハムバッカー、トレモロユニットはフロイドローズ又はゴトーの後付け品」の仕様です。

しかもピックアップのレイアウトは私自身が手作業で作り上げたオリジナルレイアウト。2Hのピックアップにレスポールタイプのトグルスイッチ、マスターボリューム&マスタートーン、と仕様は共通です。これらのギターを作っているときに思ったのですが、ピックアップを二つしか使わないのならストラトスタイルのスイッチは不要です。サイズが大きいし、ピックガードへの取り付けが面倒くさいし、あれを使う理由は全くありません。レスポールタイプのトグルスイッチのほうがメチャクチャ簡単に取り付けられますし、スペースも使いません。

ここまで来ればこれらのギターはオリジナルモデルと言っても全然違和感ないレベルじゃないかと思います。私個人はこの両方のストラトとも最高のギターだと思っています。片やフロイド付きで最高の音と最高の演奏性を持ったギター、そしてもう一方はシンクロで最高のサウンドと最高の演奏性を持ったギター。

なので、今後は誰かに「どこのメーカーのギター?」と尋ねられたら、「カスタムギターですよ。自作」と答えることにしましょうかね。決してウソではないでしょう(笑)。まあ実際この姿に至るまでにどちらのギターも相当お金をかけてきてますからね(笑)。

両方ともようやく理想の姿に完成された、という感じで、いまが文句なしに最高の状態ですね。結局のところ理想の姿になるためのポイントはピックアップやコントロール系統の配置だったことが自分でわかりました。今までいろいろと試行錯誤を繰り返してきましたが、私にとってはストラトスタイルのピックアップ配列やコントロールの配列のサウンドや操作性にかなりストレスを感じていたということなんでしょうね。

そこを抜本的にゼロから見直したおかげで、自分にとって最高に使いやすくて、最高に好みの音が出るギターになったという感じです。実のところレスポールのサウンドはあまり好きではないのですが、フロントリア共にハムバッキングのサウンドが私の好みなんでしょうね。そしてボリュームはピッキングの邪魔をしない場所にあることやセンターピックアップをなくしてしまうことが私にはとても大切だったのでしょう。

あとは別のビンテージタイプのピックアップを試すかどうか、程度しかアイデアは思いつきませんね。既存のギターのモデルに完璧に満足しておられるのなら別ですが、そうでなければやっぱり一番自分にとって良いギターは自分仕様にカスタムメイドしたギターなんだな、ということをものすごく実感していますね。

しかし、こんなギターをショップにパーツ指定しながら作ってもらったら一体いくらかかるんだろう・・?(笑)

関連記事
エレキギター