先般フロイドローズ付きのストラトを大改造して日々の練習やライブにと実戦投入しているのですが、使っていますといくつか不具合があって少し微調整する必要が出てきましたので調整を行いました。

P_20170504_130901.jpg

まずは、フロイドローズがついているのにイマイチチューニングが安定しません。今までの経験から言って、こういう場合にはフロイドローズの取り付けに関するどこかが上手くできていないことがほとんどで、例えば、スタッドの根元が何らかの理由で破損してしまったとか、裏のスプリングの張り具合が弱いとか、ユニットが上手くボディに当たっていないとか(ノンフローティングの場合)、そんなあたりの理由が考えられます。

今回の大改造で、アームを使っていないときはフロイドユニットはボディ裏のトレモロキャビティのネック側の部分に当たって固定されるようにしました。今までは昔のエディのように表側のボディにユニットをベタ付け(普通のシンクロトレモロをノンフローティングにするのと同じように)していたのですが、今回のようにした方が弦高の調整が自由にできるので便利です。

ただ、急いでギターを組上げてしまった関係で、そのキャビティの壁とフロイドユニットの当たり具合がかなり適当だったんですね。なので今回は時間をかけて調整することにしました。ノミや彫刻刀、やすりを使いながらトレモロキャビティのネック側の壁を削ってフロイドがベストな状態で当たるようにします。削るのは割と簡単にできるのですが、削りすぎるとトレモロの取り付け角度がおかしくなっちゃいますから少しずつ削ってはユニットを取り付けて弦を張り、様子を見ながら何度も調整していきます。

こんな時フロイドユニットはまだ楽です。すべての弦を緩めてヘッドでロックし、裏のスプリングを外せば弦を付けたままでユニットがポロッと取れますからね(笑)。弦を張るときはその逆手順で張っていけば比較的短時間で弦を張ることができます。

そうやって削っては弦を張って確認し・・、の作業を何度も何度も繰り返しちょうどよい当たり具合になってところでこの部分の調整は終わりです。以前より綺麗にユニットとボディが接触するのでチューニングも安定しますし、ノントレモロギター並のボディ鳴りとサスティンがありますのでギターを弾いているときのサウンドがとても気持ちいいです。

続いてはスプリングのテンションを調整します。ノンフローティングの場合、ちょっと弱めにスプリングを張ってしまうとユニットの戻りが悪くなってチューニングが狂う原因になりますのでここを調整します。

私が調整するときの目安は、6弦をチョーキングしたときにユニットがボディから浮かなくなるバネのテンションに設定することです。しかしあまり強くスプリングを張るとトレモロ自体が重くなってアームを動かしにくくなるので、ギリギリボディからユニットが浮かなくなるところで調整します。

元々少し弱めにスプリングを張ってしまっていたので、スプリングのハンガーをネジで少しずつ締めながらチョーキングして様子を見ます。何度かその作業を繰り返してちょうどよいポイントでこちらの調整も終わりです。

今回はこの二つの調整を行いましたが、これらの調整のおかげでチューニングはまず問題ないレベルで安定するようになり、ついでにオクターブ調整もしたのでネック全域で音程もよくなりました。そしてフロイドユニットがボディにしっかり密着するようになったので鳴りとサスティンもかなりよくなった気がします。

これでこのフロイド付きストラトもよりレベルアップし、ライブでのサウンドと演奏性がさらに高まり、より信頼できるギターになりました。ノンフローティングにトレモロをセットする場合、このストラトのようにトレモロキャビティのネック側の壁にトレモロを当てて固定させるというのはサウンド面でかなりメリットがあるように感じますね。

それとトレモロを使っていないときはボディ自体がトレモロユニットを支えることになりますので、スタッドに与える負荷をかなり弱めることができるのではないかと思いますので、ギターそのものの耐久性・信頼性を高める上でも効果が高いと思います。普通のトレモロユニットはスタッドのネジ(シンクロの場合は六本の固定ネジ)とバネで支えているわけで、かなりのテンションがネジに集中してかかっています。

それをキャビティの壁でユニットを受け止めて固定するわけですから、トレモロを使っていないときのスタッドネジに対する負荷のかかり具合は相当減るはずです。フロイドのストラトでその効果の大きさを実感したので、もう一本のシンクロのほうにも適当な木材を買ってきてトレモロをキャビティ内で受け止めて固定できるように改造したいと思います。

そもそもシンクロのほうはフロイドと違って、ベタ付け以上にトレモロをアップさせることって100%ないわけですから、だったらベタ付け状態でトレモロブロックがキャビティに接するようにすることについてなんの問題もないはずですからね。できれば堅くてしっかりした木でトレモロブロックを受け止める方がよいでしょうから、東急ハンズででもメイプルのような堅い板を買ってきてスペースを埋めるようにしたいですね。

・・まあそんな感じでフロイド付きストラトの調整はとりあえず終了しました。もう少しキャビティの調整はしたい気もしますが、あまり神経質になりすぎるのも性に合わないし、そもそも木は使っているうちに形が変わったり膨らんだり縮んだりもしますから今の状態で様子を見てどうしても再調整したくなればしようと思っています。

とりあえず現状でほぼ100点のギターになりました。私はアンプから「ガツン!」と来る音が鳴って欲しいと思っているのですが、このフロイド付きストラトは「ガツン!」というサウンドがアンプから鳴りますので嬉しいですね。

今のところリアピックアップはダンカンの59で大満足しています。フロイド付きも、シンクロのほうもどちらもリアはダンカン59ですが、これが今のボードのシステムととても相性が良くて、「ガツン!」というトーンをスピーカーから出してくれます。やはり個人的にはハイゲインタイプのピックアップよりビンテージなローゲインでハイやローがバランスよく出るピックアップのほうが多彩なトーンが出るので好きですね。

ハイゲインのピックアップは、私にとってはピッキングのニュアンスが付けにくく、そのせいかのっぺりした感じがするのでイマイチな気がします。確かにコードを弾いたときは「ガツン!」と鳴るのですが、ソロのサウンドにどうしても色気とセクシーさを感じません。実践を重ねていくうちに大きな不満を抱えない限り、フロントもリアもヴィンテージタイプのローゲインのハムバッカーで行くことになりそうです。

次なる改造予定はシンクロ付きストラトのツーハム化ですね(笑)。といっても今のピックガードを改造するのではなく、別のピックガードにツーハムをセットし、気分に応じてSHとHHを交換しながら使おうと思ってます。そのためのパーツはもう全部買っています(笑)。ただ、ピックガードの穴開けとかに時間がかかるので、気分が乗らないと面倒くさくて・・(笑)。

あ、あとは先ほども書いたシンクロのキャビティ前スペースを木で埋めることですね。これはサウンドがよくなることなのでできるだけ早く取り組みます!

ところでこの私が使っているフロイドローズユニットは日本のフェルナンデスのライセンス生産モノで、FRT-7というモノです。30年以上前に大阪梅田の楽器店で安売りしていたモノを買ったのですが、これがなかなか優秀で、さすが当時のメイドインジャパンの品質の高さを実感します。

弦をロックする部分は今でも全く問題なく使えますし、ナイフエッジも全く問題ありません。アームを取り付ける部分はオリジナルのパーツでもまだ使えるのですが、新しい部品のほうが使いやすいのではないかと思ってそこだけは先日交換しました。まあ、昔の取り付けかたよりはマシになりましたが、でもゴトーのアームを取り付ける方法より劣りますね。

なので、もしトレモロユニットを交換する必要があればゴトーのライセンスモノに換えようと思っていますが、まだまだあと20年くらいは余裕で使えそうな感じ(笑)。何しろこのFRT-7は丈夫で精度が高く、信頼性も抜群です。

関連記事
エレキギター