エフェクターの分類に書くのはちょっと違うような気もしますが、またまた私が使っているプリアンプのSS-11Aの話です。

多くのギタリストがフェンダーやマーシャルのアンプを使ってサウンドメイクされているのと同じように、私の場合はこのSS-11Aでサウンドメイクをします。というのも、これが私にとっての「アンプ」だからです。もちろん実際に音を出すためにはSS-11Aの後ろに「アンプ」をつながないといけませんが、その場合でもアンプのリターン端子に入力するだけで、そのアンプで音を作るわけではありません。

P_20161206_192350.jpg
私の場合はこのプリアンプの真空管をオリジナルのエレクトロハーモニクスのものからソヴテックのものに換えていますが、基本的にこのアンプはよく歪むアンプです。私はもっぱらクランチチャンネルで歪み系の音を作ることが多く、ドライブチャンネルは曲やそのときの雰囲気で「もうちょっと太い音が欲しい」と思うときだけ使っています。

で、以前にも書きましたように、このクランチチャンネルは真空管との組み合わせにもよりますが、ゲインつまみを12時を超えて回しますと音が潰れてきてまともなギターサウンドにならなくなります。なので私の場合はだいたい11時くらいまでしかゲインつまみは上げません。

それでも結構歪みますので実用上はほとんど問題はありません。これにオーバードライブを前段につないで歪みサウンドを作っていますが、ハードロック用のサウンドであればこのセッティングで十分すぎるほど歪んだサウンドを作ることができます。

ところで、いままで歪まないサウンド、つまりブルースやジャズ、フュージョンなどで使われるようなドライヴサウンド、例えればフェンダーのアンプを強くピッキングするとオーバードライブがかかるようなサウンドをこのアンプで作ったことはありませんでした。そういうサウンドはこのアンプのクリーンサウンドに禅駆動をつないで作ったりしていたわけですが、ふとクランチチャンネルでそういうサウンドが作れるのか興味を持ちました。

やってみますと、ゲインつまみをグッと絞って、すこしレベルつまみを上げるとそういうサウンドが出ますね!フェンダーのアンプで出るような、ピッキングでオーバードライブ具合をコントロールして多彩な表情を付けるようなサウンドもしっかり出せます。今までこのアンプは歪み専用でそういったセッティングはできないものだとばかり思っていましたが、全然できます。

軽くピッキングするとクリーンのサウンドで、少し強くピッキングするとオーバードライブサウンドになります。なんだ、こんなサウンドがアンプで作れるのであれば、将来ジャズやフュージョン、ブルースを演奏する必要があるとしても、このアンプ一台で十分対応可能じゃないかぁ。だったら禅駆動ますます必要がないなぁ(笑)。

ラリーカールトンは禅駆動を使っていますが、彼はアンプでサウンドメイクできるときには禅駆動は使わないらしいですからね。借り物のアンプで思ったようなサウンドが作れないときに禅駆動を使うのだそう。確かに禅駆動はイイペダルだと思いますが、アンプで目指すサウンドが出るのなら、別に敢えて禅駆動を使う必要はないですものね。

なるほどねぇ、今まではマーシャルやブギー、ソルダーノのイメージでこのプリアンプを使っていましたが、フェンダーっぽいサウンドも作れることがわかってますます気に入りましたねぇ。結構いろんなトーンが出せて、使えますね、このプリアンプ。面白いです。

関連記事
ギターエフェクター