現在自分のギターを大改造中で、ボディの塗装なんかもしちゃったりしているんですが、そこでふと考えました。よくポリ塗装よりラッカー塗装のほうが音がいい、なんておっしゃる方が多いんですけど、それって本当なんだろうか?と。

11-aspen-spray.jpg
よくね「ラッカーは木を呼吸させるからいいんだ」といいますよねぇ?でもその「木の呼吸」ってなんなんでしょうか?

だってね自分でギターの塗装をしていて思いますけど、最終のラッカー上塗りをする前に下塗りや中塗りを行ってガンガンに木の表面の木目や導管なんかを塗料で埋めちゃうんですよ?その状態にして初めて上塗りのラッカーやポリで仕上げていくのに、上塗りがラッカーかポリかって違いで中の木が呼吸したりしなかったりするものなのでしょうか??

まあ普通に考えれば呼吸なんかしないでしょう、どう考えても。だって木の表面や導管を埋めちゃってるわけですから呼吸なんてしたくてもできるわけないですよね?(笑) きっと上塗りがラッカーだと、ラッカーは経年変化でクラックが入ったりするので、そのひび割れた部分から「木が呼吸できる」なんて思うのかもしれませんけど、下塗り部分まで割れなかったら意味ないですよね?上塗り部分だけが割れたってなんの意味もないはず。

それよりラッカーがよいと思われている理由は「薄塗り」だからなのではないでしょうか?ラッカーってポリみたいに厚塗りできないですからね。それが結果的にボテボテのポリの厚い塗装と比べてボディやネックの鳴りがよく聞こえるだけのことであって、別にラッカー塗装なら木が呼吸できるからよく鳴る、とかそんな話では全然ないと思うんですよね。

だからポリでも薄く仕上げてあるのならラッカーと同じレベルで木はよく鳴るんじゃないでしょうか?正直ラッカーなんて時間が経って古くなってくるとふやけてきてベトベトして汚くなりますからねぇ。それを「味」という方もおられるのでしょうが、私にはただ汚いだけ。ベトベトしたネックで弾くのもなんかイヤですしね。

まあ好き好きですからその辺はお好みで、って話なんですけど、あんまり無意味にラッカー神話を盲信するのはどうなのかなぁ、なんて思っちゃいますねぇ。

関連記事
エレキギター