注文していたSOVTEKの真空管、届きました。で、早速デフォルトのエレクトロハーモニクスの真空管と交換してテストしてみました。

179675.jpg
届いたのはこんな真空管ですね。

交換してみてアンプにつないで鳴らしてみたんですが・・、あれ?この間スタジオで鳴ってたサウンドとだいぶ違うぞ・・?ドライブを強くした時のサウンドがエレハモの真空管とあんまり変わらないトーンです。ハイフレットを弾いた時のアタック音がやや潰れ気味です。

ううむ・・、ハズレを引いてしまったかな?真空管って同じメーカーの同じ型番のモノでもかなり性能にばらつきがあるみたいですからね。確かにゲインが低い時のトーンはエレハモのようなジャキジャキしたトーンではなく、割と太いサウンドがしているんですが、ゲインを上げるとブチブチ途切れ気味のサウンドになってしまいます。

スタジオで鳴らしたようなスムースでキレイで太いトーンではありません。いやあ、本当に真空管で音は本当に変わりますねぇ。しかもゲインもやや低めです。ソロトーンがあまり太くなく、むしろ細い音に聞こえます。

正直、このままのサウンドでは使えないですねぇ。どうしたもんでしょうかねぇ・・。まあ真空管ってしばらく使っているとこなれてきて音が変わるともいいますのでしばらくこの管でゲインを上げた状態で弾いてみましょうか。あまり期待しないほうが良いとは思うんですが、せっかく買ったのですから音が変わればラッキーだ、くらいな感覚で弾いてみますかね。

だって私がスタジオで取り付けた真空管だってアンプに取り付けて相当時間使いこんでいる管ですからね。でも、まったく改善されない可能性も高いので、しばらく弾いてダメだったら諦めたほうがよさそうですね。

ううむ・・、真空管って難しいものですねぇ。奥が深い、とは言いません、なぜなら品質にばらつきがあって、ただバクチみたいなものだからです(笑)。明日か明後日くらいに音がマシにならないかなぁ・・、そりゃムリか(笑)

関連記事
ギターエフェクター