厳密にはギターエフェクターではありませんが、エフェクターと一緒に使われる道具なのでこちらのカテゴリーに。

以前からチューナーをもっと小さなサイズのものにしようと思っていましたが、年を越したこともあって(笑)、このたびコルグのピッチブラックミニを購入しました!

sub_80-6211281001_l.jpg
いままでは学生時代に買ったBOSSの古ーいクロマチックチューナーしか持っていなかったので、それをボードに入れて使っていました。それはそれで使い慣れててそれほど不便にも思わなかったのですが、サイズがほかのペダルと大きく違うので、ボードに組み込みにくいという欠点がありました。

そこで今回ボードに組み込みやすいミニサイズのチューナーとしてコルグのピッチブラックミニを選んだわけですが、実際に買う前には「これで大丈夫なのか?」と少し不安もありました。しかし手元に届いて早速ボードに組み込んで使ってみますと、もう全然バッチリです!(笑)

まずデジタルのストロボや音程表示のローマ字表示がカラフルでかっこいいです。それだけでも見ていて楽しくなる感じがします。しかも音程判定のスピードが速くて正確。ギターのフレーズを弾きますと、一音ごとに素早く音程をローマ字表示してくれることに驚くやら楽しいやら(笑)。さすが最近のチューナーですね。

で、ネットなどを見ていますと、このチューナーの音質的な問題点を指摘する方がおられたのですが、私自身はスイッチャーのチューナーアウトからチューナーに接続していますので、チューナーを通じて音を鳴らすことがありません。そのため、このチューナーを通して音を鳴らしたときの音質の問題についてはわからないし、問題にする必要もありません。

私の場合は純粋にチューナーとしてしかこのチューナーを使いませんので、そういう面からこのチューナーを見ますと、とても優秀なチューナーだと思います。なによりサイズが小さいのがボードがすっきりしてうれしいですし、そして価格もそれほど高くない(アマゾンで5千円くらい)のもうれしいです。

もし小さいサイズで性能のよいチューナーを探している方がおられるのでしたらぜひオススメしたいですね。もちろんこのチューナーを通じて音を鳴らす使い方をする方については、念のため音質についてチェックしておかれるのがよいと思います。

関連記事
ギターエフェクター