ここ数日飽きるほどテストしまくってきた禅駆動VSランドグラフの戦いでしたが(笑)、本日結論を下す時が来ました。私にとってはランドグラフの勝ちです。決定的なポイントは、昔から私がしばしば歪サウンドのキモとしてチェックするポイントなんですが、フロントピックアップのソロサウンドのセクシーさですね。これはどうしても禅駆動ではランドグラフに勝てません。

f55b57857169650f356a43b635f42d3abe04dd6b_l.jpg
禅駆動、もちろんいいオーバードライブだと思いますよ。特にローエンドがしっかり鳴るところはとてもいい感じがします。ただ、ランドグラフのTSモードと比べるとどうしてもスムーズさが劣ります。禅駆動のTSモードにしても、ランドグラフほどクリーミーなサウンドにはなりません。

そして先程も書きましたように、フロントピックアップの単音を鳴らした時のセクシーさ、もうちょっと具体的に書けば、ピッキングした時のアタック音とその後の出音のトーンなんですが、これは禅駆動をどう設定してもランドグラフに追いつくことはできませんでした。ピッキングした前後にピックが弦に当たったとき、まるでゴム糸でも鳴らしているかのようにねちっこく粘るピックが当たった時の弦の音がどうしても禅駆動では出ないんです。ストレートに鳴りすぎるんです。

この点については残念ながら禅駆動はJOYOにも劣ると思います。ハードロック系の音楽においては、どうしてもバッキングのサウンドよりソロの時のサウンドが如何に良い音で鳴らせるかというのが命のようなものですから、このトーンの色気の違いは大きいですね。もちろん禅駆動のソロサウンドもそれはそれでいい音がしているんですが、ランドグラフのほうがより良い音で鳴るんです。

なるほど・・、しっかりテストしましたが、私の結論としてはランドグラフVS禅駆動の戦いは、ランドグラフの勝ちですね。またもう一つ大きな敗因は、禅駆動を単体ペダルとして使った時に、あまりに歪みすぎないことですね。これは本当に残念な点です。別にランドグラフほど歪んでほしい、とまでは思いませんが、しかし個人的にはもう少しゲインが欲しいですね。私のプレイスタイルにおいてこれでは前後に何か別のエフェクターやアンプをつながなければ禅駆動の魅力を発揮できないので、結構使いづらいんです。

ただ、それほどのロングサスティーンを必要としないブルース、ジャズ、そしてコンプレッサーなどを併用できるフュージョンなどにおいては禅駆動の魅力を大いに発揮できそうな気がします。ハードロックではランドグラフに負けた、というだけのことで決して禅駆動自体のサウンドが劣るわけではありません、念のため。

ちょっと粗めで、ソリッドな歪サウンドが出るペダルなので、そういうサウンドを求めているギタリストにはいいペダルだと思いますよ。今回はランドグラフのほうが好みだと結論づけましたが、まだまだこれからも禅駆動は使っていきますので、その過程で気付かなかった禅駆動の魅力を発見するかもしれません。

いや、それにしてもランドグラフ、やっぱりなかなかいいペダルだと思いますね。好みの問題はもちろんありますが、これほど使い勝手の良いオーバードライブペダルは私が若かった頃にはなかったですからね。確かに値段は高いですが、素晴らしいと思います。

関連記事
ギターエフェクター