禅駆動、テストしています

2017/03/22 Wed 15:50

禅駆動ですがすでに手元に届いてテストを連日繰り返しています。で、実際に手に取ってみますと、ランドグラフなどと同じ一般的なハモンドのケースで作られたペダルでした。これならボードに取り付ける際も裏蓋を交換すれば遠慮なくマジックテープを貼れます(笑)。

この禅駆動、実際に使ってみますとなかなか評価が難しいオーバードライブペダルです。なぜ難しいのかと言えば「小さな音でしかテストしていないから」です(笑)。きっとこのペダルはバンドの中で鳴らすような音量で弾いてみなければその良し悪しがわからないペダルなんだろうと思います。

P_20170322_124312.jpg
こんな感じにJOYOのオーバードライブ、ランドグラフのオーバードライブと比較しながらテストを行っています。

肝心のサウンドですが、今私がメインで使っているランドグラフやJOYOのオーバードライブとの比較で話を進めていきますが、ランドグラフ(特に私はTSモードしか使わないので)と比べますと、ペダル単体の歪みはそれほど高くありません。サウンドの印象としてはとにかく「クリア」「音が太い」(というよりレンジが広い)という印象ですね。「音がこもる」というイメージは全くありません。

ペダル単体の歪み量はそれほどでもありませんが、軽く歪ませたプリアンプの前に置きますととてもいい感じに歪みます。まあブースター的な使い方になるのでしょうが、昔からロック、ハードロックにおいては歪みを直列に二つつなぐ、なんてことは当たり前にやっていたことですから歪ませた禅駆動の後ろに歪ませたアンプを持ってくることはなんらおかしな使い方でもないでしょう。

で、そうやって鳴らしたサウンドをランドグラフ(TSモード)と比べますと、とにかくハイが綺麗に出ます。ハーモニクスなどもとてもナチュラルにキラリと鳴りますね。サウンドキャラクターとしては、ランドグラフのモードをマーシャルモードにしたときのサウンドとよく似た感じですね。

あと、部屋で小さな音で鳴らして弾いただけですのでなんとも言えないところはあるのですが、禅駆動を使いますと音が大きくなった感じがしますね。なんででしょう、なぜか禅駆動をオンにすると、JOYOやランドグラフをオンにしたときより音量が大きく聞こえます。歪み系のエフェクターを歪んだアンプの前に繋いで音が大きくなることは普通に考えてありえないので、聴覚上大きく聞こえているんでしょうね。

でもそれは通りがよいトーンになっているということが言えるわけで、そういう「音の通りの良さ」が禅駆動のよいところの一つであるように思いますね。

で、いろいろ試してはいますが、残念ながら今はまだボードのランドグラフと交換しよう、とまでは思えていません。正直言って、ランドグラフはいろんなオーバードライブペダルの中ではサウンド面・機能面から見ても最高ランクのペダルです。オーソドックスに伸びやかでコンプレッションが効いたオーバードライブサウンドがほしければTSモードですべてオーケーですし、ちょっとフュージョンやジャズっぽくダンブル風サウンド(と私が勝手に思っている(笑))がほしければマーシャルモードやダンブルモードにすればいいですからね。

つまり、ランドグラフならオーバードライブペダルを使って出したいサウンドがほとんど何でも出せるんです。そういう意味でランドグラフはとても便利で使い勝手のよいオーバードライブです。「この音しか出ない」というペダルではなく「あの音もこの音も出せる」ペダルなんですよね。だから守備範囲がメチャクチャ広いんです。演歌や歌謡曲のギタートーンから、ジャズ・フュージョン、そしてハードなロックのブースターとしてもランドグラフ一台で全部こなせます。しかもアンプもクリーンチャンネルでもドライブチャンネルでもどちらでもいい音が出ます。

ランドグラフがそのレベルのオーバードライブなので、ちょっとよいところがあるくらいではボードに貼り付けてあるランドグラフと取り替えようと思うところまでなかなかいかないんですよね(笑)。私がフュージョンやジャズしか演奏しないのなら禅駆動をメインに据えるのはアリだと思いますが、ハード系のロックがメインですからソロを弾いたときに十分に伸びやかなサスティンがほしいんですよね。そのあたりがバンドアンサンブルの中で禅駆動でも大丈夫なのかどうかはまだ確証が取れてません。

でも禅駆動はとても特徴的なペダルだと思いますよ。音は間違いなく良いです。音通りも良いし、ハイからローまで綺麗に鳴りますし、ミッドに集まったトーンでもなく全域がしっかりと前に出るサウンドです。ただ、ランドグラフと違って器用なペダルではありません。一応ランドグラフと同じように3モードの切り替えができますが、それぞれのモードの音の違いはほとんどわからないレベル。

しかも歪みをマックスにしてもペダル単体ではそれほど歪みません。なので私がバンドの中で使うとすれば、基本的にはプリアンプを歪ませるためのブースターとして使うしか使い道がありません。まあ、要するに演奏するジャンルを選びそうなペダルですね、禅駆動は。そこがボードに入れるのを悩む最大のポイントなんです。

またこんどバンドの練習に持っていってバンドサウンドの中でどのように聞こえるのかを確認してボードに組み込むかどうかを検討したいと思います。やはりランドグラフ、なかなか便利で良いペダルです(笑)。なかなかランドグラフの使い勝手の良さと音の良さを凌ぐペダルは簡単に現れないかもしれませんね・・。

関連記事
ギターエフェクター