いま私が一生懸命練習しているのが、右手のピッキング。ギターをまともに弾いていなかった期間が相当ありましたので、そこをカバーするためにピッキングを練習しているということもありますが、それよりもそもそも自分があまりピッキングが上手でないのでゼロから練習し直そうと思っているところの方が強いです。

a3315227.gif
こういったピッキングなどのテクニック的なものを見直す場合、どうしても多くの人は「これが正解!」というスタイルを求めがちになってしまうと思うのですが、多くの有名凄腕ギタリストたちのピッキングのスタイルが違い、そして彼ら自身が「これが正しくて、これがダメ、というのはない」と言っているように、結局は自分に合ったスタイルで、よい音が出せるようにできればよいのだと思います。

なのでいろんなスタイルを試してみて、その中で自分に合ったものを探してアレンジして身につけていけばよいのだと思っています。

にしても、難しいですピッキング(笑)。突き詰めればギターのテクニックやサウンド、フレーズって右手のピッキングに行き着きますからね。右手のテクニックのレベルが上がればサウンドもよくなるし、それと同時に弾けるフレーズの引き出しもたくさんになります。右手のテクニックが低いとその逆です。ですからよい音を出したくて、フレーズのバリエーションも増やしたければピッキングのレベルアップを行うしかありません。

私が心がけているのは「ムリなく、ムダなく、楽で、そしてよい音が出せること」ですね。「ムリなく、ムダなく、楽に」までは割とそれほど苦労しなくてもできるようになったりするんです。難しいのは最後の「よい音を出す」こと。なぜならピッキングを早くするだけなら、手首をブリッジから浮かせて手首と指を回転させるように使って、ピックを弦に斜めに当てるようにすればそんなに問題なくできるんです。

エディのハミングバードピッキングがまさにこれですが、ただ、これだけでは「よい音」は出せないんです。トレモロピッキングならこれでもよいのですが、左手のいろんな動きと併せてこのようなピッキングを行うと、ピックが弦に斜めに当たりすぎているせいでアタック音が必要以上に「キュルキュル」と鳴ってフレーズが不鮮明になってしまうのです。ヴァンヘイレン3以降のエディのギターサウンドがイマイチな理由はここです。堅いピックを使って弦に対して斜めにピックを当てすぎているんです。

それとディストーションサウンドでギターを弾く場合、右手による低音弦のミュートは絶対に必要なものになってきます。手首を浮かせて軽く弾くと、それができないせいで不必要な低音弦のノイズが鳴ってしまうのです。ですから右手を低音弦に乗せたまま素早くピッキングできて、しかも弦にピックが斜めに当たりすぎないでよい音が出せるようにしなければならないのです。

私もいろいろ試して、工夫しながらやっていますが、まだまだですね。毎日1時間くらいずつメトロノームに合わせて「軽く、早く、よい音」で弾ける練習をしています。何でも練習ってそうなんですけど、このピッキングについてももうひたすら練習するしかないと思うんですよね。そうやってひたすら一生懸命練習しているときに、ふと急に簡単にできる時がやってくるんですよね。いわゆる「掴んだ時」ですね。

今でも時々掴めることがあって、ピッキングの動きがものすごく小さく、それなのに早い音がしっかりと出ることがあります。それがいつでも自在にできるようになると、どんな早いフレーズのピッキングも難なくできるように思います。それともちろん一つのスタイルだけにこだわるのではなく、出したいサウンドや弾きたいフレーズに応じていろんなピッキングを使い分けていけばよいと思います。

まあ、まだまだ練習ですね(笑)。今よりも上手くなりたければ練習するしかないし、練習しなければエディでもイングヴェイでもヘタになっちゃいます(笑)。

関連記事
エレキギター