私のギターの配線をフロントはシングルサイズハムバッカー&リアはフルサイズハムバッカーに替えたのは前回の記事の通りです。そしていつもの私のペダルボードとアンプを使って鳴らしてみたのですが、どうもフロントの鳴りが期待した感じではありません。そんなに突き抜けるようなハイはないし、ローはものすごく音がつぶれます。

dz_dp181bke.jpg
私のプリアンプなどとの相性があるのかもしれませんけれども、何だろう、ハイがないというか、まるでトーンを絞ったようなはっきりしないサウンドなんです。確かに前に取り付けていたDP180(エアノートンS)よりはストラトっぽいです。特にクリーンで鳴らしたときはほぼ完全にストラトサウンドがします。こんなジャキジャキサウンドが私のギターから鳴るのなんて何年ぶりでしょう(笑)。

それは良いのですが、オーバードライブさせるととたんにハイが消えていきます。いえ、アンプをクリーンチャンネルにして、歪みをオーバードライブペダルだけにすれば結構気持ちいい歪みです。でもアンプをドライブチャンネルに切り替えるととたんに音がこもり、ローがブーミーになります。アンプが歪みすぎなのかなぁ・・?

なんにしても、どうも私とディマジオピックアップは相性がいまいちです(笑)。今までファットストラト、トーンゾーン、B1&N2、エアノートンS、そして今回のファストトラック1と使ってきましたが、どうも個人的にはどれも歪ませたときのハイのなさ、というかこもりが好きじゃないです。逆にセイモアダンカンはだいたいどれもハイのどこかに「キラッ」と光るように抜ける部分があって、それが好きなんですが、ディマジオにはそれを感じません。

太くてパワフルなサウンドはします、確かに。でもハイが抜ける気持ちよいサウンドがないんです。だからリアからフロントにピックアップを切り替えると、とたんにサウンドがこもります。これが普通のシングルならフロント特有のファットなサウンドにはなりますが、切り裂くようにエッジの効いたハイも同時に出るので、切り替えた瞬間になんともいえない気持ちよくセクシーなサウンドになるんですが・・。

まあアンプとの相性もあるでしょうし、もっと大きな音で鳴らせば別の一面が出るかもしれません。でも今までの経験からいって、大きな音でいいサウンドが鳴るピックアップは、小さなサウンドでもそれなりにいい音がするんですよね。なぜかディマジオにはそれがない・・。

うーん・・、鳴り物入りでファストトラック1を取り付けたのに、この期待外れ感、半端ないです(笑)。ルックス的にはツーブレードタイプのピックアップはとても好きなんですけど、どうにも音が・・。もうちょっといろいろと設定を変えながら鳴らしてみようとは思いますが、意外と早い段階でダンカンのリトル59に交換されてしまうかもしれませんね・・(笑)。

リトル59は結構ハイがよく出ますからね。以前リアをJBにして組み合わせた時には、フロントからリアにピックアップを切り替えると音がこもって聞こえるくらいでしたからね。そういう意味ではかなりハイが出るフロントピックアップだと思います。ハイが抜けるのはダンカンの特徴なのかもしれませんね・・。

ディマジオ、どうも私が「おおっ!」というようなピックアップを作ってくれない・・(笑)。実はエディを含めて、有名なディマジオユーザーのサウンドを聴いていてもあまり好きなトーンじゃないんですよねぇ。やっぱり単純に相性が悪いのかもしれない・・。

関連記事
ピックアップ