ランドグラフのオーバードライブには3つのモードがあるわけですが、私はそのうちTSモードにほぼ固定して今まで使っていました。でも、ふと「ダンブルモードもいいかも。あるいはマーシャルモードもいいかも」と思いたちまして、先日バンドの練習がありましたので大きな音で色んなモードを試してきました。

その結果・・。

f55b57857169650f356a43b635f42d3abe04dd6b_l.jpg
やっぱり私はTSモードが好きですね。確かにダンブルモードもマーシャルモードも(どちらもよく似た音)悪くない音がします。少し高音のバリバリ感が強くなってややディストーションっぽい雰囲気があり、TSモードよりもモダンなロックのサウンド、という感じがします。

でも、TSモードのほうがいいんですよねぇ。このまろやかでセクシーなトーンはやはり他には代えられないですね。ソロのトーンの太さ、というか通りの良さがやっぱりいいんです。自分でソロを弾いていても、もう気持ちよくて気持ちよくて。だってやっぱり自分が気持ち良いと思える音でギターが弾けるなんて最高じゃないですか。それが一番いいに決まってますやんか。

だからTSモードなんです(笑)。マーシャルモードもダンブルモードも悪くはない、でもTSモードのほうがもっといい音がするからTSモードなんです(笑)。楽器を弾いている方ならお分かりになると思うんですけど、それはもう感覚的なもので、自分にとって気持ち良い音が出てくるのなら、それが一番なんです。

最近自分にとって良い音の出し方というのがなんとなく掴めてきました。以前はみなさんがよくやるようにオーバードライブをブースター的に使い、そのためドライブはほとんど上げないでレベルだけ上げる、という使い方をしていました。でもそれは私にはベストな使い方ではなかったです。

私はそれよりオーバードライブのドライブツマミも9時か10時くらいまでしっかり上げて(ランドグラフならそこまで上げればかなり歪みます)レベルはクリーンの音量より少し上げる程度に設定してプリアンプにつないでいます。そしてプリアンプの方も11時から12時くらいのドライブレベルにして鳴らしています。

こうすると私にとって十分なサスティンが得られて気持ちのよいトーンになり、それでいて歪すぎによる音と音の間のノイズが気にならない程度に収まります。私はどうもブースターを上げすぎた時の音と音の間の歪んだノイズが好きじゃないんです。なのでレベルにしてもドライブにしてもあまり「目一杯上げる」というのは好きじゃないんです。

このバランスを見つけるのにちょっと試行錯誤しましたが、今はこれがとても気に入ってます。というか、これでまったく満足しています。他のオーバードライブやアンプでもっと良い音が出るかもしれませんが、今のセッティングにとても満足していますので試すつもりもないですね。

なので、ランドグラフのモードはTSでいいです。もちろんジャズやフュージョン的な演奏をするのであればダンブルやマーシャルもありだと思いますが、ハードロック系の音楽を演奏する上においては断然TSモードですね。確信しました(笑)

AMTのチューブプリアンプ+オーバードライブ、この組み合わせ本当に気持ちいいですよ。もし自分のアンプヘッドを持ち歩かない人で、ペダルボードだけでスタジオやライブハウスにあるどんなアンプを使っても良いハードロック系のサウンド(特にソロサウンド)を出したい人がおられるのならこの組み合わせはかなりいいと思います。

特に私のようにエディ・ヴァン・ヘイレンの初期のサウンド(アマチュアの頃から3枚めくらいまでのサウンド)を求めているような人にとっては、この組み合わせで結構気分が盛り上がるのではないかと思います。

関連記事
ギターエフェクター