フュージョンギターなどを聞いていて、最近は「ダンブルサウンド」というのがなんか気になってきました。ダンブルアンプそのものがだれでも演奏できるものではないのでホントのダンブルサウンドを体験する人はまず世の中にいないわけでダンブルサウンドを一言で言うのは難しいみたいですが、有名ギタリストの演奏などから私のイメージとしては「ちょっとディストーションっぽい荒さのあるチューブオーバードライブサウンドで、少し太いサウンド」という感じに捉えています。

1510b11b.jpg
世の中にはいくつかダンブルサウンドが出るといわれる(といってもほとんどの人は経験してないけれども・・)歪み系エフェクターがあります。先日ブログに挙げたZENDRIVEや禅駆動などもそのうちの一つです。でも、私が持っているランドグラフのオーバードライブにも「ダンブルモード」というのがついていますので、ちょっとテストしてみました。

実は今までこの手のブティックオーバードライブの「ダンブルモード」は真面目に試したことはありませんでした。少し試しただけの感覚として、歪みが浅いのとドライブつまみを上げると妙に歪みが荒々しくなるのがその理由だと思います。でも、きっとその「荒々しさ」こそがダンブルサウンドっぽさになるのでしょうね。

で、ダンブルらしいサウンドになるように、プリアンプの歪みはフェンダーをイメージして比較的浅めに設定し、オーバードライブはダンブルモードに設定してちょっと歪みを上げて試してみました。そうすると、なるほど確かにディストーションが掛かったようなちょっと荒めのオーバードライブサウンドでピッキングニュアンスをよく伝えるサウンドになります。

ちょっと大きめの音量で鳴らしてみないとなんとも言えませんし、ハードロックに必ずしも使えるようなトーンではないようにも思いますが、なかなか色気があって太くて面白いサウンドがします、ダンブルモード。で、オーバードライブのダンブルモードでひとつ気に入っているのはドライブつまみを最小にするとサウンドが完全にクリアサウンドになること。

普通のオーバードライブなどですとドライブつまみをいくら最小にしてもサウンドがクリアになることはまずありません。少しは歪みが乗ってくるものですが、このダンブルモードにすると完全にクリアサウンドになります。これは別の言い方をすれば、ドライブつまみを上げて歪み量を増やしたとしても、ギターのボリュームを下げるとクリアサウンドになる、ということを意味するわけです。

これが他のオーバードライブのトーンとは大きく違うところなので、これを上手くニュアンスとして使うことができないかいろいろ試してみようと思っています。一般的に歪みエフェクターの「ダンブルモード」はコンプレッションがあまり掛からないトーンになっているみたいですので、それ故に荒々しく、そしてニュアンスが出やすいトーンになるのでしょう。

ペダル単体の歪みとしてみる場合には使い方がイマイチに思いますが、アンプの歪みを上手く利用してやればオーバードライブのダンブルモードもそれに合わせていい感じに使えるような気がします。ジャズ・フュージョン系は言うに及ばず、ロック系でもピッキングタッチやボリュームコントロールを使うと多彩なトーンコントロールができますので、いわゆるTS系のコンプレッションの強く掛かったオーバードライブサウンドとはひと味違ったオーバードライブサウンドとして魅力的なのではないかと思っています。

ランドグラフのオーバードライブも、TSモードだけが使えて他のマーシャルモードやダンブルモードなんて全く使い道がないのではないかと思っていましたが、意外にもダンブルモードがいい味を出してくれそうな感じがしています。バンドの中で使ってちょっと大きな音でも鳴らしてみたいと思っています。

いやいや、ランドグラフなかなかいろいろ使えますよ、侮れません(笑)。あとはマーシャルモードの使い道が見つかるかどうかですね(笑)。

関連記事
ギターエフェクター