先日2ハムタイプに改造するつもりでピックガードをオーダーしましたが、ふと「フロントシングル、リアハムのSHでもいいんじゃないか?」と思い立ちました。要するにストラトのセンターピックアップがなくなって、ノブはボリュームとトーンの二つでリアピックアップから少し離れた場所にあれば、それでいいんじゃないかと思ったわけです。

1027774_2.jpg
まあイメージはこんなジョー・サトリアーニのギターみたいな感じですかね。フロントシングルサイズハムバッカー、リアは普通のハムバッカー、そしてボリューム・トーンの2ノブですね。こういうピックガード、ありそうでないんですよ。ストラトなんてもっと改造がバリバリにできる楽器なんだからいろんなタイプのピックガードを作って販売してくれればいいのに、と思いますね。

なんでわざわざフロントがシングルサイズのハムバッカーなのか?といえば、フロントのシングルサイズハムバッカーのサウンドとルックスが好きだからですね。もちろん2ハムでも全然好きなんですけど、フロイドローズ付きのストラトのほうが2Hタイプになっているのだから、もう一つのストラトのほうはストラトっぽいサウンドがするフロントピックアップでもいいんじゃないかと思ったわけです。

で、今考えているピックアップの組み合わせはリアはダンカンの59、フロントはディマジオのDP181 FastTrack1ですね。なぜこれかといえば、今取り付けているディマジオのDP180 AirNortonSですが、フロントに付けると少しハイがこもり気味で、ジャズっぽい音楽にはちょうどよいのですがロック系の音楽を演奏するときにはリアのハムバッカーとのトーンバランス的に少し問題があるからです。フロントでいい音をさせようとするとアンプのハイを上げざるを得ず、そうするとリアのハイが上がりすぎるのです。ロック系ではほぼリアを使って演奏しますから、リアのサウンドを最優先で音決めをしますので、そうなるとこのピックアップがフロントでは結構困るのです。

なので、もっとハイが出るピックアップをフロントに持ってくる方がロック系の音楽を演奏するときにはいいと思うんですよね。そう言う意味ではダンカンのリトル59も悪くないんですけど、ルックス的にディマジオの181のほうが好き・・(笑)。まあとりあえずはダンカンのリトル59を付けちゃうかも知れません(笑)。

ただ、問題は最初に書きましたように、私の希望に合うピックガードがないこと。ホント困ります。なので、リア1ハム、2ノブタイプのピックガードをとりあえず購入しまして、これをシコシコと時間をかけてSHタイプのピックガードに改造していこうと思っているところです。

pg2.jpg

難所はピックアップセレクターの穴開けと言われていますが、もうめんどくさいのでレスポールタイプのセレクタースイッチを付けようかと思っています(笑)。それだと穴を一つ開けるだけでできちゃいますからね。あとフロントピックアップの穴開けはもうじっくりと時間をかけてのんびり作りあげていくしかないですかね。

これを注文したあとでネットを見ていましたら、こんなのを中国のネットショップで売っていることを発見。おしい、実に惜しいです。ボリュームノブの穴さえ開けてなければ自分で穴くらい開けられますのでこれでよかったのに。しかも価格は400円くらい・・、さすが中国価格です(笑)。

pg1.jpg

なので一応売り主に「ボリュームの穴を開けないピックガードを売ってくれることはできる?」と質問中です。もしできるのならこれを買って穴を開けた方が1ハムタイプのピックガードを加工することに比べれば100倍ラクです(笑)。いい返事が返ってくるといいのですが。

ところで何度もこのブログに書いて恐縮ですけど、ほんと、私にとってストラトってそのまま使えない楽器です(笑)。センターピックアップ、なんであるのでしょうか?(笑)。あんなもの使ったことないです。あ、ハーフトーンを出すときは使ったことありますけど、80年代あたりならまだしも、今どきストラトのハーフトーンなんて使う人いるんでしょうか・・?

ホントセンターピックアップって邪魔。そしてボリュームノブも邪魔で仕方ないし、もっと言えばピックアップセレクターも邪魔(笑)。特にフロントピックアップにセットしているときはピッキングしていると微妙に右手がセレクターのノブに当たって邪魔。本当に使いにくい楽器、シングルの音も好きじゃないし。

よく考えたらオリジナルのまま使ってるパーツって一つもないですね、私のストラトには(笑)。ピックアップの数も、ピックアップの形も、ノブの数も、ノブの位置も、セレクターのスイッチも・・・。今まで何十年もよく我慢して使ってきたもんですよ、全く(笑)。「じゃ、ギターに合わせておまえが弾き方を変えろ」という声も聞こえてきそうですが、その努力は今までたくさんしたんですよ(笑)。

確かにイングヴェイはノーマルタイプのストラトのピックガード配置で神のような演奏をします。でも、それはイングヴェイだからできることかも。私とは手の大きさも、骨の作りも、筋肉の付き方も、身体の大きさも違うのに、私が彼と同じような弾き方ができるとは限りません。残念ですが、私は私にとって弾きやすい方法を見つけていくしか仕方ないわけで、そうなるとノーマルのストラトのピックガードのパーツの配置では困ることだらけなんです。

カスタムメイドのストラトでは結構自由に配置されたモデルが売られていますが、もっと改造用のアフターパーツとしていろんなバリエーションのストラト用のピックガード周りの部品が出てきて欲しいですね。

関連記事
エレキギター