私がメインで弾いているギターはもうかれこれ40年近くも使っているトーカイ製のストラト(いまや見る影もない)ですが、ピックガードとボディだけはオリジナルの状態を保っています。もちろんリアピックアップはハムバッカーに換えてはいますが、基本的には元々取り付けられていたピックガードを改造して使っています。

いままでは長く使っているギターをこれ以上切ったり削ったりするのはイヤだなと思っていたので、ずーっとSSHスタイルで使ってきましたが、やっぱり2ハムスタイルにしようかなと思うようになってきました・・。

sim.jpg
理由は2つあります。1つは以前から何度もこのブログに書いていますように、私自身がストラトのシングルピックアップのトーンに全く執着がなく、フロントピックアップもハムバッカーにしたいからです。フロントをハムバッカーにするほうが私が出したい音が出ますしね。無理矢理ハムバッカーサウンドに近いシングルハムを探してフロントに取り付ける必要もなくなります。

もう一本のフロイド付きストラトのフロントについているダンカンのアンティクイティが本当に良い音がするんですよね。昔はフロントの音ってディープ・パープル2期の頃のリッチーの音じゃないとダメだ!なんて思った頃も長かったんですけど、実際にはPAF系のローパワーでハイ寄りのレンジが広いハムバッカーをつけると、ストラトのシングルと同じようにニュアンス豊かでセクシーなトーンが出るんですよねぇ。何しろシングルだと尖った音しか出ませんけどハムならいろいろバリエーションもつけられますからね。

そしてもう一つは、これも長い間ストラトの構造的欠陥として大嫌いだったところなんですが、ボリュームノブがピックアップに近すぎることですね。ホントに何でこんな邪魔な場所にノブがあるんでしょうか??昔から多くのプレーヤーがその理由からボリュームノブの位置を変えていましたが、私はなぜか不便ながらもオリジナルの位置のままボリュームノブを使っていました。

でも最近ギターを一生懸命練習するにつれ、この位置にボリュームノブがあることが高音弦のピッキングを自由に行うためには本当に邪魔で邪魔で仕方がなくなってきたんです。こんな場所にボリュームノブがあるおかげでギターの弾き方が制限されるなんて、単純におかしな話ですからね。

そういう2つの理由から、ようやくというか、とうとうというか、私も2ハムスタイルに改造するを決意しました。いまはネットで探せば私のギターにも取り付けられるような2ハム、2ノブタイプに作られたピックガードを売っていますから、それを買おうと思っています。

長い間不便で、音がいまいちだと思いながらギターを使ってきましたが、ようやく本当に自分がベストと思えるスタイルのギターに仕上げることができそうです。もしメインのほうでいい感じに仕上がれば、フロイド付きのサブギターのほうもピックガードを換えて2ハム、2ノブスタイルに変更しようと思っています。

もちろんフロントシングル、3ピックアップ、3ノブにストラトの魅力を感じておられるプレーヤーもたくさんおられると思いますが、私には全くなんの魅力もありません(笑)。前にも書きましたが、私にとっては、ストラトという楽器はあのセクシーなデザイン以外には全くというほどオリジナルの製品には魅力を感じないものです。弾きにくい指板のアール、線の細いシングルピックアップの音、邪魔なノブ、そして邪魔なセンターピックアップ・・。

ギターのデザインが好きだからストラトを使っていますが、音や機能は全く嫌いです(笑)。今回2ハム、2ノブスタイルにすることで、私のストラトはさらに弾きやすく、魅力的な楽器になってくれるはずです。これでフロントに付けるピックアップの選択肢も広がり、すごくワクワクしています。

さて、問題はフロントのピックアップをなににするか、ですね・・。ベストはダンカンのアンティクイティ、セスラバーあたりでしょうね。あるいはダンカンの59にするか。ついでにリアも含めて思いきりビンテージ的ピックアップにしてみましょうかねぇ。ペダルボードにランドグラフのオーバードライブを入れて以降、なんか妙にクリアできれいなトーンにオーバードライブをかけるのが気に入っていまして、ピックアップにハイパワーは要らないんじゃないかと最近思い出してきているんです。

ま、ピックガードが手元に届いてからいろいろ考えてみましょう!

関連記事
エレキギター