AMTのSS-11Aというチューブプリアンプをボードに入れてずっと家でもスタジオでも使っているわけですが、このプリアンプに標準で付属している電源を使うとノイズが大きくなってしまい、別の日本で売られている電源に交換したらノイズがマシになった、という話は以前のブログにも書きました。

でも今日たまたま思い立って標準の電源に変えてみてプリアンプを使ってみたところ、あれ?全然ノイズがなくなってます・・・。

P_20161206_192334.jpg
今までは自宅で小さな音で鳴らしていても結構ノイズが気になったのに、今日はまったく気になりません。気にならないどころかごく小さなホワイトノイズ以外ノイズは鳴っていません。不思議ですねぇ・・。ランドグラフのオーバードライブが意外とノイズがするので、前段にオーバードライブをオンにするとノイズが増えますが、それは仕方のない話。それにしてもギターのボリュームをゼロにしたらほとんどノイズは鳴らなくなります。

でも今後もこの調子でノイズが少ないのならとても助かります。何と言っても純正の電源ですからプリアンプにとっては一番トラブルが起きない電源ですし、この電源は軽いので持ち運ぶ際にとても助かるのです。ネットを見ていますと「凄まじいノイズが鳴ってとてもじゃないけど使えない」とこのアンプを評価している人がいましたが、それはきっとアンプのリターンに挿す際のアンプ側の設定ではないかと思いますね。

私もそうでしたけど、例えばジャズコーラスのリターン端子についているトグルスイッチを正しくない方に設定してしまうと、もうそれは凄まじいノイズがしますからね。でも、正しく設定(音が小さくなる方に設定)するとノイズはほとんど気にならないです。ノイズサプレッサーを噛ませば無音そのもの。

電源ノイズの問題は使用環境によっていろいろと影響してくるかもしれませんけど、でも、個人的にはこのAMTのプリアンプは最高だと思いますね。まず何と言っても音がいいです。ハードロック系のギターサウンドを鳴らして、アンプ直結以外で満足いくサウンドが出たのはこのプリアンプが初めてでしたからね。

もちろん他のプリアンプでもまったく問題ない製品があるとは思いますけど、私はこれが気に入っているので別にほかを試す必要も感じてないです。サイズも小さいし軽いので、本当に持ち運ぶ際にもとても助かります。他の製品は大きくて重かったりするという話も聞きますので、その面でもこのプリアンプは最高です。

ただ、ひとつ難があるとすれば、ペダルタイプのプリアンプですから、ペダルボードに組み込むことは当初から想定してあるはず。であるならば今やプログラマブルスイッチャーを使うケースも多いわけですから、せっかく3チャンネルあるのならそれをMIDIで切り替えられるようにしてほしかったです。特にクリーンと歪み系チャンネルは曲の途中でエフェクターとセットで切り替えることも多い場面ですから、これは連動できるようにしてほしいし、連動できれば表現の幅やプレイの余裕がもっと広がると思うんですよね。

でもそれだけですね、難点は。ノイズに関してはチューブアンプですからこんなもんじゃないでしょうか?ヴィンテージもののアンプを使うこととかを考えれば全く問題にする必要もない程度の話だと思います。

AMTのプリアンプシリーズのうち、真空管アンプではないSS-30は既にMIDIに対応しているとも聞きますので、こちらの真空管を使っているシリーズももう少ししたらMIDI対応するかもしれませんね。機械式スイッチをMIDIでコントロールするだけだから、たいして難しい仕組みでもなさそうに思うし。もしそうなったら買い換えるかもしれませんけど、スイッチャーもMIDI対応に買い換えないといけないから出費が大変・・(笑)。

でもMIDIに対応したら、もう神レベルのプリアンプだと思います。これがあったら家でもスタジオでもライブハウスでも、もう困ることはないし、いつでも最高のサウンドを出すことができます。

ほんとギター機材の進化はスゴいし、いい時代になったと思います。

関連記事
ギターエフェクター