"Get The Show On The Road"

2017/01/13 Fri 19:36

マニアの方ならご存じだと思いますが、このタイトルはヴァン・ヘイレンのデビュー前のデモテープに収録されているオリジナル曲ですね。曲の一部のフレーズと歌詞が3枚目のアルバム"Women & Children First"に含まれている"Romeo Delight"に使われていますね。イントロのリズムなどもよく似ているので元歌なんでしょうね。


私はこの曲がものすごく好きなんですよね。なぜこのままの姿でレコードに収めなかったのか不思議なくらい。まあ、いろいろな問題点があったのでしょうけど、イントロの疾走するようなドラムのリズムからカッコいいギターリフス、サビのコーラス、そしてサビからつながるスピード感あふれるギターソロ、とヴァン・ヘイレンの魅力を存分に伝える最高の曲の一つだと思いますけどねぇ。ちょっと地のメロディラインがつまらないというのはありますけれど(笑)

しかしアマチュアでこれだけバンドとして上手くて、ギターが上手かったら、そりゃプロデビューの話も舞い込んできますわねぇ。こういうデビュー前後のエディーのギタートーン、本当に最高です。ナチュラルに歪んでとてもよくピッキングのニュアンスを伝えてくれています。いい音です。こんな音でギターを弾くのが理想というか、目指すサウンドですね。

最近のヴァン・ヘイレンのアルバムではアマチュア時代の曲を焼き直して録音したりしていますので、この曲もぜひ収録して欲しいですねぇ。

関連記事
ヴァン・ヘイレン