歪み系に関してはBOSSを使う気が今のところ全くないのですが、空間系などについてはBOSSも決して悪くないのではないかと思っています。ということで、私のボードにはBOSSのコーラスCH-1とディレイDD-7が入っています。どちらも個人的にはサウンドに満足しているのですが、DD-7に関しては一点だけ欠点というか、気に入らない点があります。

boss_dd7d.jpg
それは「DD-7につなぐだけで音が小さくなること」ですね。これ、ネットで検索してもほとんど、というか全くヒットしないんですが、あまり皆さん気がついていないんですかね?それとも気にするほどでもないということかな?(笑)

これはDD-7をスイッチャーに接続して使うとすぐわかるんですよね。普通にエフェクターをつないでいる状態なら常に音が少し小さい状態になっているのでDD-7のせいで音が小さくなっているかどうかなんて気にならないのですが、スイッチャーにつないでDD-7をオンオフしますと音量が明らかに変ります。

これがどんなときに困るかといえば、DD-7を噛ましたサウンドと噛まさないサウンドに音量差が生じることなんですよね。もちろん音量が小さくなるといっても半分くらいになるわけではなく、1割程度下がるだけです。でも、実際にギターを弾いているとこの音量差が結構気になったりすることもあるんですよね。ま、ギタリストという人種は音に神経質な人が多いですから(笑)。

なんでこんな仕様になってるんでしょうね・・??基盤のどこかをいじれば調整できるのでしょうか?? プロがやっているようにドライ音にエフェクト音をミキサーなどでブレンドすれば問題は解決しますが、そんなめんどくさい仕組みをアマチュアのちっちゃなペダルボードに組み込むのも大変だし、重くなりますしね。

DD-7のサウンドそのものには満足しているんですが、この音量低下の問題だけは少し困っちゃってます。ローランドさんも、この点をなんとか改善してくれないものでしょうか・・。

関連記事
ギターエフェクター