ランドグラフのダイナミックオーバードライブをテストしている話は先日もブログに書きましたが、いろいろとテストをしていてわかったことがいくつかあります。トーンはJOYOのほうが少しばかりいい感じがするのですが、早いピッキングでフレーズを弾くときには明らかにランドグラフのほうがしっかりとピッキングの音を一粒一粒出してくれることがわかりました。

img55393184.jpg
細かくて速いピッキングを行う場合には、JOYOの場合には割と音がぼやけてしまったり、他の弦の音が混ざって汚くなったりするのですが、ランドグラフの場合にはまるでピッキングしている弦の音だけがクローズアップされて鳴っているようにクリアに聞こえます。最初は気のせいかと思ってJOYOと同じフレーズを弾き比べたりもしたのですが、何度比べてもランドグラフのほうが明らかに速いピッキングがクリアに出ます。

これは不思議な感じで、今まであまり気になったことはなかったのですが、試しに多少ミュートが甘くして弾いてみてもしっかりと弦をピッキングしていればピッキングしている弦の音がしっかりと強調されているのでミュートの甘さもほとんど気にならないのです。これはソロを弾いているときにはとてもありがたいので、ここが最大のポイントになってオーバードライブ(アンプの前段ブースター)はランドグラフのダイナミックオーバードライブにすることにしました。

それとランドグラフのオーバードライブは割と歪みも深く歪み、コンプレッションも強く、かつトーンも太いので、単体の歪みペダルとしてもいい感じに使えます。フュージョン系、ジャズ系のギターサウンドに使う場合であれば、ランドグラフのオーバードライブ一つあれば十分よいオーバードライブサウンドが出ますし、先ほど書きましたようにピッキングのニュアンスをすごくよく引き出してくれるので、フロントピックアップなどでフレーズを弾くととても気持ちよいアタック音、特にピックが弦に当たったときに弦が粘った感じに鳴る音(意味伝わりますかね・・)がすごく気持ちいいんです。

JOYOもそのあたりは結構よかったのですが、時間をかけて弾き比べてみますとランドグラフのほうがやはりワンランク上のようなサウンドのように感じられるのです。そりゃあランドグラフ一つがJOYO20個分くらいの値段なのですから、ランドグラフのほうが多少はよいところがなければ意味ないですよね(笑)。しっかり弾き込んでみますと、ランドグラフのよいところがよくわかるようになってきました。ハードロック以外のジャンル、たとえばジャズ、フュージョン、ブルース、歌謡曲などのポップスなどであればランドグラフをクリーンなアンプで鳴らしてトーンを調整すれば十分使えるんじゃないでしょうか。

で、スタジオでバンド練習の際に使えるようにボードに組み込んだわけですが、ランドグラフのペースの裏側にマジックテープを貼るなんて恐ろしいことはさすがにできません(笑)。そんなことをしてしまうとマジックテープを剥がすときにシールや塗料、サインが剥がれてしまって悲惨なことになります。時々ネットで裏蓋にマジックテープをべったりと貼り付けたランドグラフのペダルを見かけることがありますが、ランドグラフは前も書きましたように工芸品、蒐集品としての性格も強いですからそんなことすると価値がガタ落ちになってしまい、売ろうと思っても全然値がつかなくなってしまいます。

なのでいろいろとボードへの組み込み方法を考えていたのですが、いいことを思いつきました。ランドグラフのペダルは一般的なハモンドのケースを使って作られていますので、ボードに組み込むときは裏蓋だけを新しいハモンドの裏蓋に付け替えて、それにマジックテープを貼ればしっかりボードに取り付けられますし、オリジナルの裏蓋はきれいなままで保存することができます。

ということで、早速同じサイズのハモンドのケースをアマゾンで購入し、裏蓋だけ取り替えてマジックテープを貼りボードに取り付けました。これでランドグラフのオーバードライブがボードに組み込まれ、スタジオでもライブでも思う存分使えます。

もしランドグラフのペダルや一般的なハモンドケースに入った貴重なペダルをお持ちの方がおられれば、こうやって裏蓋だけ別のハモンドケースに替えてボードに貼り付けるといいと思いますよ。他のブティック系オーバードライブペダルのサウンドについてはよくわかりませんが、ランドグラフに関して言うならば、なかなかいい音がしていると思いますね。

それとランドグラフのオーバードライブに関しては、ネットなどを見ていますとケースの内書きの文字が筆記体だのブロック体だの、と書いておられるのを見かけたことがあり、その違いは「アメリカ向けに作ったか日本向けに作ったかの違いでは?」なんて書いてあることもありますが、同じアメリカ人がブロック体と筆記体を使い分けるなんてことはしないです、普通(笑)。筆記体で書く人は常に筆記体で、ブロック体で書く人は常にブロック体で書きます。

今回のブログに使わせてもらった写真のペダルは結構シリアルナンバーも千番代前半のものですが、この文字は私が持っているペダルと全く一緒なので、奥さんのロゼリン(ローズ)さんの字ですね、間違いなく。実際、裏蓋にもローズさんの名前が書いてありますし、サインも書いてあります。

なので、奥さんはかなり以前からペダル製作に関わっていたようですね。上の写真を見ていますと、少なくとも10年前には間違いなく製作に携わっていますね。なので、今は奥さんだけのサインが入ったペダルが売られていますが、正直言って品質は10年前頃と全く変らないと思います。作っている人も一緒、パーツや作り方も同じですからね。違うのはジョン・ランドグラフ氏のサインが入っているかどうかだけ、だと思いますね。

だからそのサインにはこだわらない、という方がおられればランドグラフの現行品で十分ランドグラフのペダルがどんなものか、ということは感じられると思いますので、値段はもちろん高いですがオススメです。ムリしてジョンさんのサインが入ったペダルを買い求める必要などないと思いますよ。

関連記事
ギターエフェクター