先日新しいコンプレッサーを入手したので、懲りずにもう一度だけロックボックス社のボイリングポイントのテストを行いました。私がよくやる、コンプとオーバードライブの組み合わせでの歪みサウンドチェックを行うためです。


ですが・・、やはりいまいちでしたね。トーンつまみ、歪み量、モードの切り替え、バスブーストなどいろいろいじってみましたが、どうもどれもピンときませんね。

一言で言えば「色気がない」。コンプをかましても色気や艶がでません。TSモードにすればJOYOのビンテージオーバードライブと同じようなトーンになりますが、それでも色気がないんです。

前にも書いたんですけど、トーンがストレートすぎるんでしょうね、きっと。反応がいいので、ピッキングのアタック直後からストレートに音がでて、そしてそれが続く、という感じなのでしょう。でもそれがともすれば単調なサウンドになってしまうんです。

キラキラっとした煌びやかなトーンが好きな方にはイイかもしれませんが、私はもっとウエットに絞り出すようなトーンが好きなんです。イメージしやすいように具体的に言えば、松山千春の「長い夜」のイントロなどのソロフレーズや松田聖子の「夏の扉」のソロフレーズみたいな音(笑)。わかりますかね?





スタジオミュージシャンのこういう音、好きですねぇ。これ、いま聞くと同じようにコーラスのようなモジュレーションがかかって同じようなトーンで、弾き方もそっくりですね。ギタリスト同じかも、と思って調べたら松原正樹と今剛でした。お二人ともプレイ・トーンともによく似てる。

もちろんご本人たちはアンプの歪みも使ってこのトーンを出しているかもしれませんが、エフェクターでもこんな雰囲気はコンプとオーバードライブを組み合わせれば出ます。でもこれを作ろうとしても、ボイリングポイントでは出ないんですよ、反応がよすぎて。でもJOYOなら出せるんです、この雰囲気が。このブラッシングというのか、ピックで弦を撫でながら出すときやピックが弦に当たる時の「クッ」っという色気ある押し出し感がボイリングポイントでは出ないんです。反応がストレートなBOSSのDS-1ででないのと一緒で、音がキレイ過ぎて何の面白みもないんです。

なので、やっぱりボイリングポイント、ダメでした。私にはどうやればこのペダルからイイ音を出してあげられるのかどうしてもわかりません。ランドグラフも大いに興味を持っていますが、どうも同じようなことを言いそうな予感(笑)。

うーん、何度もチャンスを与え、そしてそのたびに「JOYOよりイイ音がするはず!」と期待しながら弾いているのに、結果的にはどれも失望(笑)。ブースターとしても単体の歪ペダルとしても結局一度としてJOYOを越えたことはなかったです・・。ま、私の耳が悪い可能性も高いし、弾き方が悪い可能性も高いし、もちろん単純に好みの問題もありますので何とも言えませんが、私にはボイリングポイントが優れているところが何一つわからなかった・・。

アンプのような音、と言われればそうかも知れないけど、でもアンプの音ならアンプから出せばいいし、どう考えてもアンプの音じゃないし。ローブーストをしても下品に音が太くなるだけだし。TSモードではJOYOに負けるし、マーシャルモードやダンブルモード(ブーストモード)なんか使いようもないし・・。

申し訳ない、こんな高いペダルなのに使いようがないです、私には(笑)。もちろんこのペダルが最高!とお感じになるギタリストもたくさんいると思うので、そこは全く否定しませんけど、私にはベストではないペダルでした・・。もっと安いペダルでもっと良い音が出ました。残念ですが、そう結論づけるしかないかなぁ。

あと試してみたい歪みペダルは、本家本元のTSぐらいかなぁ。でもそれも実はどっちでもいいくらいかなぁ。単にTSをボードに入れているとカッコいいからしてみたいと思っているだけで(笑)、サウンド的には他を試す必要がないくらいJOYOで満足してますからね。JOYOに改善点があるとすれば、もっとツマミの可変を改善して欲しいことくらい。今はあるポイントまでしか変化がなく、そこを超えるとほとんど変化がなくなったりするので、設定がやりにくいんです。でもそれくらいかな。

いいコンプレッサーも手に入れたので、ますますJOYOのヴィンテージオーバードライブの良さが出るようになってきてます。

関連記事
ギターエフェクター