現在のペダルボードで満足しているのですが、もしより理想的で完璧なサウンドを求めるのであれば変えたい点は2つあります。1つはコンプレッサー、もう一つはコーラスですね。

コンプレッサーに関して言えば、今はMXRのダイナコンプを使っているわけですが、このコンプレッサーははっきり言って余り汎用性が高いエフェクターではありません(笑)。確かにダイナコンプでなければ出ない音があって、それを出したいときには文句なしに一番なのですが、いつもいつもダイナコンプの深いコンプのかかったパコパコトーンで弾きたいわけでもないですからね(笑)。

87049879.jpg
またダイナコンプはノイズも結構大きいし、出力レベルのコントロールが難しいです。というか、出力レベルが低すぎます。コンプをあまりかけないように右のつまみを下げて設定すると左のレベルのつまみはほとんどフルに設定しても生音より小さいくらい。コンプのかかりを12時以降にすればレベルも割と調整しやすくなるのですが、何しろダイナコンプは「浅くコンプをかける」ということができない極めて特殊なコンプです(笑)。

なので、もう少しかかり具合とレベルを上手く調節できるようなコンプが欲しいですね。そうすればもっとコンプを使える場面が増えると思うのですが、今のダイナコンプではコンプを使う場面がとても限定されてしまうので使い方が難しいのです。ダイナコンプのパコパコサウンドは昔はとても耳にしたトーンでなじみがあるので大好きなんですが、現在の私が普段に使うには別の製品の方がよい気がしています・・。

といいながら実はもう次のコンプを買ってしまいました・・(笑)。ダイナコンプとは対極にありそうなコンプですが、好みの雰囲気だったので買っちゃいました。ダイナコンプはもし昔のフュージョンでも演奏することがあったりすれば、そのときにまた使うかも知れませんが、たぶん売っぱらっちゃうだろうなぁ(笑)。いや、でも懐かしいダイナコンプトーンを楽しませてもらいましたよ。これはこれでありがとう。

あ、それとコーラスですね。これは現在BOSSのスーパーコーラスCH-1を使っているのですが、ネットなどを見ていますと評判は極めてよい商品です。それは日本だけでなく海外でも。それは確かにそうなんですが、私が実際に使ってみたところ、「あれ?コーラスってこんな掛かり方をするエフェクターだったっけ?」と思うところがあるのです。

クリーントーンでは別に問題はないのですが、歪ませたトーンの後ろ側でコーラスをかけた場合、薄くかけてもなんかモジュレーションがすごくかかってる感じがして、空を飛んでいるような(いわゆるフランジャーを薄くかけたような)感じが強いんです。

フランジャーはフランジャーで嫌いじゃありませんが、フランジャーをかけるのならフランジャーを使います(笑)。コーラスはフランジャーと違うからコーラスを使うのであって、フランジャーと同じ空気感が出るのであれば個人的にはちょっと違うように思います。

いえ、もちろんフランジャーもコーラスも基本的には仕組みは同じようなものなのでコーラスがフランジャーっぽくなることはあると思うんです。それは承知の上で書いていますが、なんでこんなことを書いているのか、といえば、POD XTやAmplifiに組み込まれているLINE6のモデリングされたコンパクトコーラス(イラストからすればBOSSのCE-2?)をエフェクトオンするとものすごくいい感じにコーラスがかかるからなんです(笑)。

私が好きなコーラスのトーンって、まさにこのLINE6のモデリングされたコンパクトコーラスのサウンドなんです。どんな音かと言えば、空を飛んでいるようなフランジャーっぽい空気感がなく、ギターの音だけがふくよかに厚みを増している感じ、というところでしょうか。

でも思い起こしてみれば、昔使っていたCE-3は今のCH-1に近い感じがした記憶がありますので、アナログかデジタルということが原因であるようには思いません。これは正直一度CE-2を使ってみるしかない気がしていますが、これはなかなか今の時代では難しそうな話(笑)。いっそLINE6のモデリングエフェクターを使うか・・、そのほうが話が早いか(笑)。

まあ今はCE-2の復刻版が技クラフトシリーズから発売されていますので、もしCE-2がどうしても欲しければそちらを買うのがいいですね。CE-2のオリジナルは人気があるのか日本だけでなく海外でもかなりの高値がついています。

まずはCE-2を持っている人を探して試奏してみるのが最初にやることですね(笑)。欲しい音を探し始めるといろいろ気になることも増えてきますね・・(笑)

関連記事
ギターエフェクター