弦が切れたのを機会に、最近メインで使っているノーマルシンクロのストラトをちょっと調整することにしました。調整を行う点は二つ。一つはトレモロユニットの取付調整と、もう一つはフレットエッジのやすりがけです。

まずはフレットのやすりがけ作業から。何をしたのかと言いますと、1弦側のフレットの端を少し削って手への引っかかりを減らすことですね。このネックはワーモスにオーダーして作ったネックですが、買った当初からフレットのエッジが割と鋭角で、グリスなどを行うときにフレットが指に引っかかる感触があったんですよね。写真で見ますとこんな感じ。

P_20161204_232700.jpg
これはフレットを打ったあとでフレットの端を削る仕上げ処理を行っていないとこうなりますので、きっとワーモスではその処理を行っていないのだと思います。結構時間がかかってめんどくさい作業なので今まで放っておいたのですが、やはりよりベストな状態にギターをセットして気持ちよく弾きたいと思う気持ちが強くなってきたので、重い腰を上げてフレットのエッジを削ることにしました。

こんな風にやすりで指板を痛めないようにテープで保護しながらフレットの端を一つずつ丁寧に削ります。

P_20161204_232134.jpg

ステンレスフレットなので結構削るのに労力がいるのですが、削ってエッジを落とした状態がこんな感じ。

P_20161204_232300.jpg

本当は目の細かいやすりで仕上げ磨きとかしなきゃいけないんですけど、自分のギターだし、プレーするのに支障がなければいいか、と言うことでこんな少し荒い状態ですがこれで良しとしました(笑)。

そして次はトレモロの調整です。こちらは最近ギターを弾いているときに気がついたことなんですが、元々トレモロをボディにベタ付けして弾いているはずなんですが、ほんのわずかだけ一弦側のトレモロユニットがボディから浮いているんですね。トレモロをボディに取り付けているネジなどを調整してみたのですが解決せず、きっとトレモロユニットとボディの間になにかゴミでも挟まっているのだろうと思い、一度トレモロを取り外してみることにしたわけでです。

ついでにボディのねじ穴の状態やトレモロの取り付け穴の状態も確認しようと思って取り外したユニットがこちら。

P_20161204_232608.jpg

P_20161204_232457.jpg

いや、素晴らしい。これだけ日々トレモロをガンガン使っているのにユニットのほうの取り付け穴は広がるわけでもなく、ナイフエッジも特に状態が悪くなっているところがありません。これが普通の鉄製やダイキャストのトレモロユニットなんかだと、ある程度の期間使っているとネジと当たっている部分の穴が広がってきますからね。そういう点でこのゴトーのトレモロユニットは素晴らしいですね。

1弦と2弦のサドルだけがブラスになっていますが、これはこのユニットについていたサドルの1-2弦の音が好きじゃなかったので、個人的にサウンドが大好きなブラスのサドルに換えたためです。本当は6弦すべてブラスに換えたかったのですが、手元になかったのでとりあえず1-2弦だけ交換しました(笑)。

で、トレモロの取付穴の状態を確認し、ボディ側の取り付け穴周辺をやすりで綺麗に均してから再度ユニットをボディに取り付けます。ピタリとボディにユニットが密着することを確認してネジ止めしていきますが、これは以前から私がやっておりますように、皿ねじで取り付けます。

普通のストラトではトレモロユニットは丸ネジ(頭の丸いネジ)で取り付けてありますが、この丸ネジでユニットを留めますと、トレモロをスムースに動かそうとするとネジを締め付ける際に少し緩めてユニットとネジの間に必ず遊びを持たせないといけないのですが、これがトレモロの支点が定まらないことにつながり、チューニングの狂う大きな原因の一つになっていると個人的には思っています。

これを皿ねじで取り付けますと、ネジで締める際に遊びをほとんど持たせる必要がありません。だからトレモロの支点が動くことはほとんどないので2点支持式のトレモロと同じくらい支点が狂わずにトレモロをセットすることができます。今回もまず裏のスプリングを付けない状態で1弦と6弦の取り付けねじを締めていって、トレモロユニットが上下にずれたりしないところまでネジを締め、かつトレモロユニットがスムースに動くようにネジの締め付けを調整します。

その後残りの4本のネジを同じように一本ずつ締めていきトレモロがスムースに動くところまでネジを締め上げて、全部のネジを取り付けてユニットをボディに固定します。そして最終的にユニットがボディから全く浮かないで、しかもスムースに動くことを確認して裏のスプリングを張ります。私の場合スプリングは二本で、ハの字掛けです。

・・と、こうやってフレットとトレモロの調整を行って弦を張ります。張る弦はシンクロトレモロとの相性が最高にいいフェンダーのニッケル弦です。弦を張ってチューニングし、オクターブ調整をしてからちょっと様子を見てみましたが、フレットエッジもトレモロも最高です!(笑)

フレットエッジは以前と比べるとほとんど手の引っかかりを感じなくなりましたし、トレモロに関してはほとんどフロイドローズに弦を張ったときと変らないくらい狂いません(※ あくまで使用者個人の感想です(笑))。いや、でもマジで弦を張った直後でもそんなに狂いませんでしたけど、一度だけ各弦をぐいっと伸ばして再チューニングしたあとは本当にほとんど狂いません。スゴいです、この弦とこのトレモロユニット。

あ、念のため書いておきますが、私が「アームを使ってもチューニングが狂わない」と書く場合には、フロイドと同じレベルで狂うか狂わないかの話として書いています。アームを使った後でチョーキングしてチューニングの微調整を行う、とか逆にチョーキングをした後はアームを掛けてチューニングを元に戻す、とかそんなアームの使い方をしてチューニングを維持しているやり方を「チューニングが狂わない」とはいいません。

あくまで「チョーキングをしても、アーミングをしても、ほとんど気にならないレベルにしかチューニングが狂わない」というのを「チューニングが狂わない」と言っているわけで、チョーキングやアーミングなどというチューニングキープのための「特別なテクニック」を必要とするようなシンクロトレモロは、そりゃ「チューニングが狂っている」状態に他なりません。そんな職人芸を使ってチューニングキープに気を遣わなければならないようなトレモロは神経使うのでイヤです。そんなのめんどくさくてスタジオやライブで使えません。

で、話を戻しますと、フロイドローズでも弦を張った直後は何度かファインチューニングしながら弦がなじむのを待つのに、今回は弦を張ってほんの1分ほどで全く狂わなくなっちゃいました。ここまでチューニングが狂わない経験は長くシンクロトレモロを使っていますが私自身初めてです。これだけ狂わないのなら、チューニング対策としてのフロイドローズは特に不要ですね。もちろんフロイドにはフロイド独自のアームの効き方とか絶対的な安心感とかがありますので、それは別の意味でフロイドの必要性だと思っていますが。

と言うことで、新品の弦を張ってフレットエッジも気にならず、そしてアームを使ってもチューニングを全く気にしないで弾ける状態になって、とても気持ちよくギターが弾けるようになりましたねぇ。最高です。ほんとこれだったらフロイドローズ要らないです(笑)。でもここまでトレモロが狂わなくなるようになるまでに、結局30年以上かかりましたね(笑)。

まあ最近はシンクロでチューニングを狂わなくするためのアフターパーツがたくさん出回っていますから、これらの恩恵は大きいですよね。私が使っているパーツにしても、今回の記事にも書いたゴトーのトレモロユニットやシャーラーのロックペグ、そして樹脂製のナットやグリスなど、狂わないためにベストなパーツを使っていますからね。30数年前にはこんなパーツはありませんでしたから今は本当にいい時代です。

それと、弦の相性も大事ですね。私の場合には、フェンダーのニッケル弦のセットを使うと自分でも不思議なくらいチューニングが狂いません。正直理由はわかりませんけれども、ほかのダダリオやアーニーボールなどではどれだけ工夫してもチューニングが狂ったのにフェンダー弦にした途端ピタッと狂わなくなったのは驚きでした。

ということでメインギターのリペア&調整終了です。もう最高の状態でこのギターをプレイできることが本当に嬉しいですね。

関連記事
エレキギター