新しくくみ上げたペダルシステムで先日バンドの練習に参加してきたわけですが、前回よりましだったもののそれでもギターのサウンドがイマイチよくありません。どうもスタジオのジャズコーラスとの相性がいま一つしっくりこないようで、アンプのトーンをいじっても、ペダルのトーンつまみをいじっても、どうもしっくりした音が出てきません。

PD-121221-020132_201611210034061d4.jpg
まあもともとジャズコーラスは昔からハードロック系の音楽とは相性が悪いように思っていましたので、ある意味仕方がないような気がしますね。今どきはジャズコーラスでもいい歪み系の音が出るようなペダルやマルチがローランド/BOSSから出ているようですが、スタジオ練習のジャズコーラスのためだけにわざわざエフェクターを買いそろえるなんてよく考えてみれば馬鹿げた話(笑)。

昔から個人的にあのエッジのカチッとしてペラペラな音がするジャズコーラスのサウンドが好きじゃありませんでした。確かにフルアコをつなげばフルアコのトーンのエッジのなさをうまく補ってパリッとしたサウンドにしてくれそうな気はしますが、ハード系のロックにおいてはあの四角四面なトーンがどうにも迫力のない、薄っぺらいサウンドになってしまいます。

スタジオやライブ会場でどんなアンプが置いてあろうと(センドリターン端子がないアンプであっても、という意味で)それなりの音を出せるよう、私の歪み系のメインペダルであるP2は本来のプリアンプとしての使い方ではなく、ドライブ端子から普通の歪みペダルとしてアンプにつないでいたのですが、やはりジャズコーラスとの相性の悪さに辟易し、本来のプリアンプとして使うことにしてみました。

なぜ今までプリアンプとして使わなかったのかと言えば、先ほども書きましたようにセンドリターン端子のないアンプが置いてあっても対応できるようにするためが一つと、もう一つはほかの歪み系やクリーン系を使ってサウンドを作りたい場合にもしP2をプリアンプとして使っていますと、ほかの歪み系やクリーンサウンドにするときにP2のフットスイッチを押してP2をクリーンサウンド用のプリアンプに切り替える必要があるからです。

その切り換えをする際にスイッチャーでは切り替えができないので、クリーンサウンドにするときなどにいちいちP2のフットスイッチを踏まないといけないんですね。そうするとせっかくスイッチャーがあるのに、ほかのエフェクターを切り替えるためのスイッチャーのスイッチを一回押し、そしてP2のスイッチも踏まなければならないので嫌だったんです。

もしP2を普通の歪みエフェクターとして使っているだけならスイッチャーの切り替えで一発でクリーントーンに切り替えられますが、プリアンプとして使うと必ずP2を通してサウンドメイクしなければならないので、クリーントーンにする際にはP2のフットスイッチを押す必要があるのです。(P2は、プリアンプとして使用するときには歪んだサウンドが出るチャンネルと、クリーントーンが出るチャンネルの二つのチャンネルとして使用することができて、その切り換えをフットスイッチを押すことで行うのです。つまりP2のフットスイッチはアンプのドライブ/クリーン切り換えスイッチみたいなものだと思ってらえればいいです)

なので、P2やスイッチャーがMIDI対応でもない限りスイッチャーのワンアクションでエフェクターを含めたP2のドライブ切り換えまでを行うことが不可能で、それが嫌だったのでエフェクターとして今までP2を使ってきていたのです。

しかしエフェクターとして使うときのサウンドが使うアンプによってはどうしてもダメな時があるので、少々使い勝手が悪くてもやはり本来のP2の使い方であるプリアンプとして使うことにし、センドリターン端子がないアンプしか使えないときに限ってP2をエフェクターとして使おうと決めました。

早速ボードの配線を少しだけ変えてP2をプリアンプとして使えるように設定し、家のアンプ(Amplifi)もプリアンプなしのパワーアンプと同じような設定にして接続して設定を行いました。やはりこれが本来の使い方であるためか、トーンつまみの効き方がとてもいい感じです。試しにプリアンプ端子から普通にギターアンプのインプットにつないでみますと、何ともしょぼいペラペラに軽い音しか鳴りません。なのでプリアンプ端子とドライブ端子(通常のエフェクターとして使うときの端子)では設定とサウンドに共通点はありません。

実際にアンプから音を鳴らしてみますと、やはりプリアンプとして使うほうがずいぶん歪み系のサウンドはいいです。まあ、本来そうやって使うためのエフェクターなのですから、そりゃそうですよね(笑)。昔のピーヴィー5150を使っていたころのエディのようなサウンドが家のAmplifiから鳴ってきます。トーンのつまみをいじれば、もっと丸いオーバードライブペダルを使ったような音や、ブギーのような中域が強調されたまろやかで太いトーンも出ます。

問題のクリーントーンについてはP2のフットスイッチを押すことによってクリーンチャンネルに切り替えて使うことに慣れるしかないので、エフェクター操作を練習していくしかありませんね(笑)。MIDIがなかった時代にアンプを切り替えて使っていると思うしかありませんが、そう考えるとMIDI対応のエフェクターやスイッチャーがあるとすごく便利だということがよくわかります。

今日も一日中ギターを弾いていましたが、ギターサウンドとしてはまあかなりいいセンの音が出ていると思います。アンプがジャズコーラスであろうとなんであろうと、センドリターン端子があるアンプであればそれほどトーンに大きな影響は出ませんから家で弾いているサウンドとそれほどかけ離れたサウンドにはならないと思っています。一度スタジオでサウンドチェックをしてみたいと思いますが、やはりほかの楽器が鳴っている中でいい音が鳴っているかどうかがポイントですから、また次回の練習でサウンドを確認してみたいですね。

まだまだギターサウンドの設定には時間がかかりますねぇ・・。まあ、アンプを使わずエフェクターだけでサウンドメイクしようとすると、いろいろ試行錯誤しなければならないのではないかと思いますが、これがうまくいってくれると嬉しいですね。

関連記事
ギターエフェクター