さて、以前の記事に書いておりましたとおり、次に入手したエフェクターはBOSS ノイズサプレッサー NS-2、いわゆるノイズゲートですね。今までもアンプシミュレーターに組み込まれたものや、ラックタイプのコンプレッサーに組み込まれていたノイズゲートは使ったことがありましたが、いわゆる単体のペダルとしてノイズゲートを購入してエフェクターとして並べることは今まで一度もしたことがありませんでした。

その理由は「ノイズを消すためだけに高いお金払ってエフェクターを買うのなんてバカバカしい」というところでしょうか(笑)。しかし実際に最新のコンパクトノイズゲートを使ってみてノイズゲートに対する認識はガラリと変わりました。

P_20161105_173902.jpg
確かにノイズを消すためだけにそれなりのお金を払ってペダルを買うのはバカバカしい気がしますが、私のように歪み系のペダルを並べて無音時にちょっとノイズが気になるな、と思う方でしたら、ノイズゲートは是非とも導入すべきですね。ええ、もはや必須のペダルと言っても過言ではないような気がします。

私はケチな性格をしているので(笑)、中古で問題ない場合には中古を購入することに全くこだわりがないのですが、ギターのペダルについても同じです。基本的にペダル類は中古で買えるものは中古で買います。で、ノイズゲートも新品にこだわっていませんので中古を買いましたが、お手ごろ価格で買った割にはその効果は絶大ですね!もう感動を覚えたほどです(笑)。

最近のBOSSのノイズゲートなどは通常のインプットとアウトプットのほかにセンド・リターン端子を備えていて、要するにまずノイズゲートのインプットにギターケーブルを挿して、その後センド端子からエフェクターに接続し、最後のエフェクターから再びノイズゲートのリターン端子に戻し、最後にノイズゲートのアウトプット端子からアンプなどにつなぐようになっています。

最初はこれがどういう仕組みで、どういった効果が在るのかわからなかったのですが、説明書には「この接続法のほうが効果的」と書いてありましたので素直に従ってみました。すると、確かにものすごく自然な感じにノイズを消し、しかも完璧にノイズがなくなるのです。それも設定もとても簡単に。

試しに普通のパターンのようにエフェクターの最後からノイズゲートのインプットに入力し、そしてそのアウトプットからアンプに送る、といった接続もやってみたのですが、ゲートの感度を最大にしなければ反応しないし、そのせいもあってかなんかゲートの開け閉めがイマイチなんです。

なぜこのような接続法のほうがより効果的にノイズゲートを働かせることができるのか、その理由は私にはわかりませんけれども、とにかく実際にそうやってこのノイズゲートを使ってみますと、まさに「完璧!」なんです。ほかのノイズゲートのように不自然にギターの音が消えていくこともありませんし、実に簡単に設定でき、そしてフレーズの合間や演奏が終わったときには瞬時に完璧な無音状態を作ってくれます。これは本当に気持ちいいです。

歪み系のペダルをほとんど使わない人なら不要かもしれませんが、私のようにロック系のペダルをそろえているような場合にはノイズゲートは必須ですね、本当に。実際に使ってみてものすごく強く実感しました。確かに新品のノイズゲートに1万円も払うのはバカバカしいことに思えますが、こんなものは中古で結構ですから、一度ぜひ騙されたと思って使ってみてください。

もうこの無音状態、一度経験したら二度と手放したくなくなるでしょうね(笑)。ライブやスタジオではもちろん、レコーディングするときなどでも大いに役立つでしょうね(もちろん最近のデジタルレコーディングならギターを弾いていないときに無音状態にするのは後処理でなんとでもできますが)。

いやいや、こんなに便利なペダルだったとは思わなかったですね、ノイズゲート。マルチエフェクターなら当たり前のように入っているでしょうから皆さん当然のようにお使いだと思いますが、ペダルボードを組んでいる方にとってはノイズゲートは必須のペダルと言ってもよいのではないかと個人的には思いますね。

ほかのノイズゲートのペダル製品は使ったことありませんが、おススメですね、このBOSSのNS-2は。あまりBOSS製品を褒めることはありませんが、これは本当に素晴らしいノイズゲートだと思います。こういう歪み系以外のペダルに関してはさすがBOSSといったところでしょうか。

関連記事
ギターエフェクター